--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/08/18 (Sat) プチバカンス

15日の祭日を利用して、(無理やり)5連休中のMouvette、水曜日から家族で、オルレアン・プチバカンスを楽しんでいます♪

動きたくて、ウズウズしている次男と快適(?!)に旅する為には、とりあえず近場っ(とにかく、最近、前にも増して、黙って座っていられない彼(涙))!そして、毛むくじゃらの長男を受け入れてくれ、餓鬼達の為に料理が可能な場所…と言うことで、今回はゴルフ場に隣接しているコテージを借りてみました。

敷地内には、ゴルフ場はもちろんのこと、屋外プール、テニスコート、フィットネス、バルネオセラピー、etc.が完備されているので、その中でも十分楽しめるのですが、利用客の中には、ロワール古城巡りの拠点として滞在する人達も結構いるようです。

Mouvette家は、長男&次男を連れて、城巡りをする体力も気力も無く…、もっぱら敷地内に籠っていました。で、Mouvetteは、ツルさんに、長男&次男を託して、ハマム、ゴマージュ、マッサージで、命の洗濯(大げさ?!)をさせてもらい大満足♪ 次男は初プールを体験し…、ちょっぴり怖かったようですが、楽しんでいました。

スポンサーサイト

旅行 | trackback(0) | comment(0) |


2010/08/04 (Wed) GORDES(ゴルド)再び

休み明けの出勤で・・・正直キツイMouvetteです。なんか、2週間半も休んでいたことがすでに信じられないくらいに体が疲れていて(え?ババァ?)、週末のことしか考えられない自分がいます。

さて、きつく辛いことからはさっさと逃避して(←おいっ!)・・・夏休み旅行記の続きのGORDES(ゴルド)です:

Voyage_20100726_Gordes17_resize.jpg

LUBERON(リュベロン)地方で最も有名な観光地、GORDES(ゴルド)。実は2年ほど前のプロヴァンス3泊4日の旅で、初めてこの地を訪れ(しつこいけど、過去記事はこちら→)、すっかり虜になったMouvette家。今回は2度目の訪問となりました。

Voyage_20100726_Gordes09_resize.jpg
さすが有名な観光地だけあって、お土産物屋さんが多いのですが・・・
でも、通りの雰囲気は損なわれていませんよね、ねっ?。


Voyage_20100726_Gordes04_resize.jpg
お店の量り売り:左からプロヴァンスハーブ&ラヴァンディン&ラベンダー。
とても風の強い日だったので、パラパラと飛んで行きやしないかとちょっと心配になりました。^^;


Voyage_20100726_Gordes06_resize.jpg
人様のお宅の前(笑)。
こんなところで、景色を眺めながら、クロワッサン&カフェオレで朝食が取れたら素敵だろ~なぁ
・・・とMouvette、勝手に妄想を抱きながら、小道散策中♪


Voyage_20100726_Gordes16_resize.jpg
これまた人様の玄関前(笑)

Voyage_20100726_Gordes13_resize.jpg
通りの名は木の看板に彫られています♪
石造りに木の看板という組み合わせが微妙にマッチしていて素敵なんですよね~。


Voyage_20100726_Gordes20_resize.jpg
ムードたっぷりの石畳・・・あら、ツルさんのお尻が・・・(汗)

・・・と今回もGORDES(ゴルド)の魅力にメロメロのMouvette一家なのでありました。

2週間のバカンスと言ってもアッという間で、見たいっ!と思っていたものの半分もクリアできませんでしたが・・・、まぁ、それは次回のお楽しみということで(笑)。ここまで、旅行記にお付き合いくださった方々、有難うございました♪次回からは日常に戻りま~す。






旅行 | trackback(0) | comment(4) |


2010/08/02 (Mon) ラベンダー畑

昨日、留守中で空になっていた冷蔵庫のお腹を満たすべく買出しに出かけたのですが、家から5分くらいのところで、警察・消防士・救急隊員に遭遇・・・。何事だろう?強盗?と不安に思っていたら、今日の新聞で、精神病を患っていた父親が2歳の娘を殺害後、アパルトマンから飛び降り自殺をしたのだということが判明し、一気に気分が暗くなったMouvette一家です・・・。恐らく、一瞬の狂気で殺してしまい、我に返った後に自殺したのだろうけれど・・・、何だかやりきれないです。




さて、前回お話していたラベンダー探しの旅ですが・・・

何せ、標高800メートル以上のところへ行かないと見られないトゥルーラベンダー畑です。柵もない断崖絶壁のクネクネ道をハラハラドキドキしながら進み、25キロほど行ったところで、

Voyage_20100726_Champ Lavande02_resize

じゃじゃ~んっ!規模は小さいながらも、遂にラベンダー畑の登場です。

Voyage_20100726_Champ Lavande11_resize

実はこの時、我々の車にぴったりと続く2台の車があったのですが、我々が駐車すると同時にこの2台も駐車~。よく見ると、運転手席のおじさんは我々に手で「GOOD(手を握って、親指を上に向ける)」サインをおくっているではありませんか・・・。そう、実は、アメリカからやって来た彼らもまたラベンダー畑を探していたのでした。^v^ V

Voyage_20100726_Champ Lavande09_resize
おぉぉ、ラベンダー博物館の説明にあったように、ひとつの茎にひとつの花です♪

畑に着いたら、きっとラベンダーの香りで噎せ返るんだろ~なと勝手に想像していたのですが・・・、実際には、淡く、清楚に漂う香りという感じで、非常に品の良い香りが空気中に漂っていました♪

SAULT(ソォ)まで行くことなく、CROAGNES(クロアーニュ)でラベンダー畑に出会えたラッキーなMouvette家は、その後、2年前に訪れたGORDES(ゴルド)へ寄って帰途に着いたのですが、それはまた次回にお話しますね。

Voyage_20100726_Gordes02_resize.jpg
山を覆うようにして建物が建つGORDES(ゴルド)



旅行 | trackback(0) | comment(2) |


2010/07/31 (Sat) ラベンダー博物館

昨日、2週間のバカンスを終え、南から戻ってきたMouvette家です。教職のツルさんと違い(←彼は9月の新学期までお休み~)、来週から仕事に復帰するMouvette&南の自然溢れる地にすっかり馴染んでいたオリーヴは帰宅と同時にブルーになっております・・・(しかも、パリったら天気悪いし)。


でも、まぁ、そんなことを言っていても始まらないし・・・、気持ちだけでも南の太陽を取り戻せるように、南仏回想記の続きです:

Autres_20100726_Canoe02_resize.jpg
LATTES(ラット)のMARINA DEL REY (マリナ・デル・レ)からの眺め。
朝食を取っていたら、子供たちの歓声。何事かと思えば、下で子供たちがカヤックをやっていました♪


この日、子供たちがカヤックを漕ぐ姿を見ながら、ゆっくりと朝食を取った後、ちょっと遠出をして、AVIGNON(アヴィニョン)の先にあるラベンダー博物館へ行ってきました。

Voyage_20100726_Musee Lavande25_resize
ラベンダー畑見たさに、ツルさんにおねだりしてやって来たラベンダー博物館。

本当はアヴィニョンへ行った時に(2年ほど前に訪れたアヴィニョンの過去記事はこちらからどうぞ♪)この博物館まで足を延ばせていればよかったのですが・・・ラットからは140キロほどあり、ちょいと遠かったです。

で、私はラベンダー博物館へ行けば、四方八方に・・・視界全体に広がるラベンダー畑が見られるものだとばかり思い込んでいたのですが・・・それは完全なる勘違いで、

Voyage_20100726_Musee Lavande05_resize
ラベンダー蒸留器

ここはラベンダーの栽培・蒸留加工の歴史を学べる博物館と気持ちばかりのラベンダー(正式にはラヴァンディン)畑が広がる地でした・・・(いえ、博物館はとても興味深かったです。ただね、思い込みってスゴイ・・・)。

Voyage_20100726_Musee Lavande06_resize
ツル&オリ、熱心に見学中

それで、この博物館で学んだことですが、ラベンダーには、
(1)トゥルーラベンダー:標高800メートル以上の高地のプロヴァンス地方の乾燥した山岳地帯で繁殖。香水や医療に用いられる品種(←そうそう、私が見たいのはこのラベンダー畑なの~)。
(2)アスピックラベンダー:ひとつの茎・ひとつの花のトゥルーラベンダーと違い、複数の茎に分かれ、各茎ごとに花がつく。
(3)ラヴァンディン:トゥルーラベンダーとアスピックラベンダーのハイブリッド。主に、洗剤や清掃用化成品に用いられ、世界中の至る所で見られる品種。

の3種が存在するんだそうです。

Voyage_20100726_Musee Lavande23_resize
博物館の裏手にある気持ちばかりのラベンダー畑

様々な蒸留テクニックやコレクションされた機械を見られたのは、ほとんどが知らないことだっただけに興味深くて面白かったのですが・・・でも、どうしても本物のラベンダー畑が見てみたい~っ!
・・・と、悶々とするMouvetteのために、ツルさんが博物館の方に聞いてくれました。すると、トゥルーラベンダーは通常7月から遅くても8月半ばまでには収穫するそうで、今年は暑かったこともあってか、すでにほとんどのラベンダーは収穫済みとのこと・・・(トホホ)。
でも、ここから50キロほど上ったところにあるSAULT(ソォ)はまだ収穫していないはずということで・・・

行ってきました。SAULT(ソォ)のちょっと手前まで!(たかがラベンダー、されどラベンダー!(笑)

というわけで、ラベンダー探しの旅にでたMouvette家だったのですが、続きはまた次回に~♪

旅行 | trackback(0) | comment(4) |


2010/07/29 (Thu) HERAULT渓谷

前回からの引き続きで、HERAULT(エロ)渓谷です:

Voyage_20100724_Pont du Diable18_resize
ST GUILHEM LE DESERT村へ行ったらセットで訪れましょう・・・的な説明がガイドブックにはありました(笑)


Voyage_20100724_Pont du Diable01_resize
砂地の川岸は犬禁止~(涙)。岸辺は川遊びに興じる人々でいっぱい!
ツルさんは幼少の頃、この川の緑色に魅せられて(写真ではよく分かりませんが(汗))、泳げないのに・・・飛び込んで溺れたらしい。確かに、魅力的な緑色でした。


Voyage_20100724_Pont du Diable13_resize
PONT DU DIABLE(THE直訳で・・・悪魔橋)
巡礼の旅目的で作られたこの橋は、中世に架けられた橋の中で最も古いもののひとつ。橋の上から川への飛び込みは禁じられていますが・・・(わたしゃ、頼まれてもしませんっ!)、この日も、元気に(?)飛び込む人がいました・・・。


Voyage_20100724_Pont du Diable21_resize
で、我が家の坊、オリさん。
渓谷の強風に煽られて、耳が後方に飛んでいっていますが・・・むむむ、無の境地です(いえ、ただ単に、強風で眼が開かないだけ~^^)


旅行 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mouvette

Author:mouvette
東京→ケベック→パリでの生活を経て、2009年末にパリ近郊都市へお引越し。相方のツルさんと2007年12月に我が家の一員になったボーダーテリア(2007/10/15日生の♂去勢済み)のオリーヴと一緒に暮らしています。2011年4月13日に第1子誕生。

ブログランキング

ブログランキングに参加中です: 1日1回ぽちっと押して頂けると嬉しいです

FC2ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

12  12  11  10  09  08  07  05  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

お気に入りのブログ

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。