--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/27 (Wed) 乳牛Mouvette

オムツを替える度に、放尿を楽しむ次男坊です(将来の職業は消防士希望??!)

さて、今回は母乳のお話:
通常、出産約48~72時間後に母乳が出るようになるわけですが、Mouvetteの場合、48時間後くらいから胸がカチンコチンに張り、熱ぽくはなるも、十分な母乳が出ず・・・(泣)、我が家の次男坊は体重が出産時の10%以上落ちてしまい、そのために退院も1日延ばされました。一応、母乳の不足分を粉ミルクで補うと言うことで、出産から3日後に退院はできたのですが、そこから苦難の授乳の日々が始まりました。

で、入院中にHAD(SAGE FEMME A DOMICILE:出産後の助産婦さんによる在宅介護サービスで国民保険によってカバーされます)の申し込みをしていたMouvette、退院の翌日から、助産婦さんの訪問を受けることになり・・・、そこで、母乳不足の悩みを話したところ、処方されたのが、こちら↓。

tirelait_resize.jpg
自動搾乳機(こちらはレンタルなのですが、レンタル料金も国民保険で
カバーされます ^v^ v
)。

母乳の出を促すという目的のもとに、授乳後ごとに搾乳(母乳が不足している時は、搾乳した分で補足!)、そして搾乳機の煮沸。正直、寝る暇がないくらい、完全なる乳牛生活を送ることになりました(最近、牛の気持ちがよく分かるようになった?!!)。

授乳、搾乳、搾乳機煮沸の3点セットを繰り返す日々を約1週間ほど続け・・・、現在、やっと完全母乳になりつつありますが、1時間~3時間半ごとに「パイパイ~ッ!」と要求され、やはり乳牛的な日々を過ごすMouvetteです。あ、でも、目的の完全母乳育児になったのは、とても喜ばしいことだし、我が子のために乳牛になるのも悪くないと思ったりもして・・・、親バカ生活を満喫している今日この頃です♪


 おまけ 

話はかなり遡りますが…、4回目の母親学級の内容を追記にまとめます。興味のある方は→read more...の方をご覧下さい。

スポンサーサイト

妊娠&出産 | trackback(0) | comment(0) |


2011/04/23 (Sat) 出産と産院

夜明けの授乳&搾乳を利用し、ブログ更新をするMouvetteです。

さて、今回は我が家の次男坊の誕生時のお話をしたいと思います:

4月12日、いつもお願いしているトリマーさんのところで、我が家の長男坊オリーブのストリッピングをしてもらい帰宅。20時頃、「…?おしるし?!!」と疑わしき兆候があったため、近所の産院の救急まで、徒歩で出向きました。その時は、予定日より大分早いし、痛みも何もないしで、すぐに帰れるだろうと簡単に考えていたのですが、産道が3cm開いているし、出産の準備は始まっているとのことで、そのまま病院に残ることになりました。
とりあえず、入院グッズを自宅まで取りに戻り、簡単な食事を済ませて、再度産院へ。その時はすでに夜中の12時を回り、産道も5cmは開いていたのですが、依然として下腹部がつるような感じがあるだけで、陣痛らしきものはありませんでした(←助産婦さんにとてもラッキーなケースだと言われた)。助産婦さんから、無痛分娩の必要性を聞かれ、正直どうしようか迷ったのですが、途中ですごく痛くなっても困るし、また出産に伴う様々な問題が出ても困ると思い、無痛分娩をお願いしました。

そして、病院到着から約6時間後の6時33分、それ程力むこともないままに、3450gの元気な男の子がころりんと出て来ました。アジアンベビーで、頭が大きかったからか(笑)、会陰切開は4針縫い、胎盤の一部が体内に残っていると、掻き出されたりしましたが、無痛分娩のお陰で、何も感じることなく、無事に出産を終えることができたことには、ただただ感謝しています。

ch121_2_resize.jpg
3日間、お世話になったお部屋:かなりゆったりとした造りでした。お部屋にはシャワールームとべべ用の浴槽スペース、及びお世話をする台などが完備されていました♪

入院中も助産婦さんや小児科のお医者さん、保母さん等からの細やかなケアに恵まれ、3食の食事&おやつも美味しく頂くことができ、とてもラッキーな入院生活を送ることができました。

↓はお食事の一例です:

repas1_resize.jpg
前菜:セロリのサラダ、メイン:アスパラ&キノコをソテーしたものとポーチドエッグ、チーズ、そしてデザートは:レモンタルト

repas3_resize.jpg
前菜:サラダ、メイン:ウサギ&マッシュポテト、フロマージュブラン(牛乳を固めただけの軽いチーズ)、デザート:リンゴのコンポート

・・・と病院食もなんかフレンチしていて・・・、ここにワインがあったらいいのになと思ったりもしましたが、乳牛Mouvette、アルコールはもうしばらくおあずけです(苦笑)。


妊娠&出産 | trackback(0) | comment(4) |


2011/04/21 (Thu) 誕生のご報告

うららかな春の訪れとともに、Mouvette家にも新しいメンバーがやって来ました。

IMG_6070_resize.jpg
4月末の予定日まで待ちきれずに、2週間も早い誕生となりましたが、母子共に健康です♪

3日間の入院後、先週末に自宅の方へ戻って来ましたが、まだ、新しい生活のリズムをつかめず、慌ただしい毎日を送っています。また、未だ、母乳が上手く出ず、1日の大半は、授乳&搾乳のうちに過ぎている今日この頃です(乳牛になった気分・・・(苦笑))。
なかなかコンピュータの前に座る時間が取れないのですが、少しずつ落ち着いたら、新しい生活について、ブログ上でご報告できればと思います。


IMG_6057_resize.jpg
我が家の長男、オリーヴも元気いっぱい。
Mouvette家次男の誕生の前日にストリッピングしてもらったので、すっきりカッコいい姿で弟を迎えることができました♪

妊娠&出産 | trackback(0) | comment(11) |


2011/03/28 (Mon) 母親学級と出産

ここ数日のアパルトマン片付け大作戦(?)で、すっかりナーバスになっているオリーヴです(今朝はゲーリー・クーパーだった彼・・・)。

        olive sur feuilles mortes_resize
        オ:「ぼくちん、今日、ピーでした・・・」

さて、本日は3月頭に受講した母親学級第3回目の授業内容を、忘れてしまう前にまとめておきたいと思います(またまた完全自分用~なので、興味のない方はスルーでお願いします(笑)♪)。

3回目の授業のテーマはずばり「出産」でした:
で、出産にまつわる用語の説明を軸に話は進められ(もちろん、様々な脱線付きで(笑))、主に会陰切開(EPISIOTOMIE)、産科鉗子(FORCEPS)、帝王切開(CESARIENNE)の3つに関して説明がありました。

■ 会陰切開(EPISIOTOMIE):

私が出産予定の産院では・・・、子宮口の開きが10cmを超えてしまう場合(要は10cm以上裂けてしまう場合)に会陰切開(EPISIOTOMIE)をします。会陰切開(EPISIOTOMIE)は、肛門に向かって裂けるのを防ぐために、腿に向かってメスを入れるため、筋肉を傷つけてしまうというデメリットがあるそうで、病院側としては極力避けたいテクなのだとか・・・。本来、タイミングよく(?)力めば、急激に裂けることはないらしいのですが、例えば、陣痛が激しい&局部麻酔をしていない場合等は、助産婦さんに「はいっ、今力むのやめて~」と言われてやめるのは難しく、ビリリッといってしまうことも少なくない・・・ようです(汗)。助産婦さん曰く、力まないためにはアッカンベーをするとよいのだとか(う~む、でも分娩台でアッカンベーをする自分がどうも想像できないけど(苦笑))。

■ 産科鉗子(FORCEPS)

約20%弱の出産で、使用される産科鉗子(FORCEPS)。
胎児が引っかかってなかなか下りてこない&胎児に衰弱が見られる場合に、胎児の頭を挟んで引き出す器具です。
助産婦さんによると、骨盤も建物の様に階があり・・・、3階の2階辺りまで胎児が下りてきていないと産科鉗子(FORCEPS)は使用できないそうで、その場合は・・・帝王切開になるんだとか・・・。

■ 帝王切開(CESARIENNE)

文字通り・・・。助産婦さんの「約10cmメスを入れるだけだから、アッと言う間よ~。でも、縫合には30分以上かかるけどね」と言う言葉に妊婦さんたちし~んっ。こちらも産科鉗子(FORCEPS)同様、20パーセント弱の出産で見られるケースなのだそうです。

これら3つの単語の説明以外にも、出産途中で、すでに肺呼吸が始まる胎児の気管に最初のCACA(ンコ:黒味がかった緑でネバネバしている)が詰まり、呼吸困難を起こすケースや・・・、通常、出産後30分で出る胎盤がうまく出ず、助産婦さんが手で掻き出すケース(胎盤の一部が少しでも残ると内出血を起こすので危険)等、プレママの不安要素を取り除くための母親学級なのに、かえって不安になるようなお話も聞かされ、最後は出産の際の力み方を習って、3回目の授業は無事に終了したのでした。







妊娠&出産 | trackback(0) | comment(2) |


2011/03/18 (Fri) 充実・・・詰まった1日

◆ お知らせ ◆

ひとつ下の日記で震災チャリティーバザーについて書いています。パリ及び近郊在住の方、是非、ご覧下さい!





昨日17日から産休(CONGE MATERNITE)に入ったMouvetteです・・・と言っても、実際には、先週の木曜日の産院での検診で「ちょいと産道が開き気味なので、安静にしているように」とその翌日の金曜日から出産にまつわる病欠(CONGE PATHOLOGIQUE)をくらい・・・、仕事への意気込みはどこへやら、結局1日出勤しただけで休みになっちゃったんですけれどね(汗)。

で、本日は朝から森へオリ散歩に出かけ、その後、産院での温泉療法(BALNEOTHERAPIE)に参加してきました。

Hop Esquirol_balneo_resize
病院の本館???

Mouvette出産予定の産院では、希望者は2回、この温泉療法(BALNEOTHERAPIE)を受けることが可能なんです。リハビリ用のプールは約33度の水温に保たれているので快適♪まぁ、温泉療法という名目だし、腰痛を和らげるリラックスタイムなのだろうと勝手に考えていたMouvette、甘い幻想は即刻打ち砕かれました・・・。1時間の内、半分は筋肉トレーニングのための立ち泳ぎ。その後、出産のための呼吸法、最後の10分弱がリラックスタイムと結構なハードスケジュールでした。で、終了後、シャワーを浴びていると・・・、今まで影も形もなかったのに、クマぷー腹の下部に赤い線・・・、えっと、これって、妊娠線ですか??!立ち泳ぎで、何とかここまで持ちこたえていた皮膚が裂けたってことなのかしらん???

・・・などと軽いショックを受けるも、深く考える暇もなく・・・、午後1番で、隣町のPMI(う~ん、母子のための保護センター?)で行われる母乳講習へ。そう、温泉療法はリラックス系だろうと決めてかかっていたMouvette、午後にもばっちりと予定を入れてしまっていたのでした・・・。で、2時間半の講習を受け、先ほど、ヘロヘロと帰宅しました。今晩は余計なことをせずに、さっさとベッドへ潜り込みたいと思います。では、皆さん、お休みなさい~。

妊娠&出産 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

mouvette

Author:mouvette
東京→ケベック→パリでの生活を経て、2009年末にパリ近郊都市へお引越し。相方のツルさんと2007年12月に我が家の一員になったボーダーテリア(2007/10/15日生の♂去勢済み)のオリーヴと一緒に暮らしています。2011年4月13日に第1子誕生。

ブログランキング

ブログランキングに参加中です: 1日1回ぽちっと押して頂けると嬉しいです

FC2ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

12  12  11  10  09  08  07  05  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

お気に入りのブログ

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。