--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/31 (Thu) 暑くてもプロレス大会

相方が日本におけるカップルの離婚後の親権についての記事を LE MONDE(ル・モンド)紙で読み、「日本で離婚すると、父親が子供に会うのは難しいんだって?」と言われました。
う~ん、確かにフランスのように「週日母親と暮らして週末は父親と!」なんていうのは稀なんじゃないかな~と答えたところ、
相方に「万が一、ぼく達が離婚することになっても、ぼくは子供に会うからね!」と念を押されました。
え~と、子供ってオリーヴのこと?それともFLAT ERIC(リーバイスのぬいぐるみ)のことかしら???・・・とちょっと頭を悩ませているMouvetteです。

さて、相変わらず暑く、夜になっても30度をくだらないMouvette家です。

P1000756_RESEIZE.jpg
暑さにダウン・・・バテてお休み中のオリーヴ

P1000753_RESEIZE.jpg
あんよの肉球アップ~

日中暑すぎて思う存分運動できないオリーヴのストレスを解消させるべく、19時半頃から犬友が集まるRICHARD LENOIR(リシャール・ルノワール)の広場へ行ってきました。
兄貴分のプンプンは1週間のバカンスへ出てしまって不在だったのですが、それでも沢山の犬友が来ていました。

P1000765_RESEIZE.jpg
すご~く久しぶりです、サモエドのカイゾ。すっかり大きくなってしまってビックリ!もう、仔犬じゃないね~・・・と思ったのもつかの間、中身はいつものカイゾでした。早速、プロレス開始~!

P1000783_RESEIZE.jpg
フレブルのアルチュールも元気いっぱい。舌大きいね~♪

P1000772_RESEIZE.jpg
暑いので、皆走ってはお水休憩、走ってはお水休憩を繰り返していました。
あれれ?アルチュール、お水はそこじゃないでしょ~・・・

そして、こちらはウダイ・・・毎度のことですが、18禁ということで(笑)

P1000780_RESEIZE.jpg
それにしても、オリーヴもオリーヴです。なんだって、ウダイにされるがままになっているのだか。

話は少々それますが、オリーヴの左手に広がるのは羽毛の山です。なんでも、犬嫌いの人がクッションの中身を広場一面にばら撒いていったらしいのですが(相方と私はどこぞのお腹を空かせた犬がミャム~と鳥を食べちゃったのかな?それにしては大量だな・・・と思っていました)・・・犬たちは迷惑どころか大喜び。羽毛の中を駆けずり回っていました。

P1000792_RESEIZE.jpg
水道栓のところにたまるお水にざっぷ~ん・・・。オリーヴ、この瞬間、お洗濯決定です(笑)。
このところ、水嫌いのオリーヴが水に浸かる機会が増えました。たぶん、それだけ暑いということなのでしょうね。

P1000801_RESEIZE.jpg
カイゾは元からお水大好き~♪何度も水道栓の水溜りまで行っては水の中を掘っていました(何故???)一方、オリーヴはカイゾとプロレスがしたいあまり、水堀りに忙しい彼のところまで催促しに行っています(笑)。

水にざっぷぅぅんとしたかと思えばプロレス!というのを繰り返していたため、2匹とも(とくにカイゾ)泥だらけ・・・カイゾは白熊ちゃんからヒグマーに変身していました。

1時間半近く、お友達とドロドロ、羽まみれになって遊んでよかったね、オリーヴ。でも、帰ったら、即効お洗濯ですよ~。





スポンサーサイト

OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(5) |


2008/07/29 (Tue) 鏡よ鏡・・・

突然ですが、私の勤める会社は大きい通りに面した地階にあります。それで通りを歩く人たち側からオフィス内が見えないように、よく車の窓に貼るようなフィルムを窓一面に貼っているんです。このフィルムのお陰で、内側にいる我々には外が良く見えるけれど、外側の人たちからは中の様子が分からない、あら~便利~!な状態になるのですが・・・実はこれにはちょっとした落とし穴があるんです・・・。
と言うのは、光の反射具合の関係で、外側の人にとっては、この窓、ちょっとした鏡になってしまうんです。で、もちろん(?)、道行く人々はこの窓を鏡として代用しちゃうんですね。ちょっとしたお化粧直しから、髪型チェック、服装チェック・・・たまには歯のチェックやら黒子チェックをする人まで(汗)・・・男女問わず、チェック内容もいろいろです。

でもですね、この窓は鏡ではないんです

そう、中にいる我々から丸見えなんです・・・。

私の机は窓のすぐ横にある為、仕事中、突然見知らぬ顔がアップでぬぉぉぉ~っと近づいてくることもしばしば。まさか、内側から丸見えだとは想像もしていないでしょうから、皆さん、いろいろとポーズをとってみたりで、まさに「鏡よ鏡、世界で1番美しいのはだぁれ?」状態・・・。もしもし、丸見えなんだよ~と言ってあげたいけれど、それもなんかね・・・言いづらいし、たまに腕をぶんぶん振ったりと無駄な抵抗をしているわけなんです。なんか、さりげなく相手に知らせる方法があるといいのですが、今のところ、これという手も打てずに、通り行く人々のお色直しを見ています。「見えてます!」という看板を出すわけにもいかないし・・・何かいい方法はないものでしょうか???

さて、↓こちらは会社の上司が飼っているパグのカリト君。私がお昼を食べ始めると、ずぴぃぃずぴぃぃ~と鼻を鳴らしながら、泣きそうな目で・・・おこぼれを催促してきます・・・(汗)。

P1000733_RESEIZE.jpg
この目に向かって「NON」というのは本当に難しいです・・・。

P1000750_RESEIZE.jpg
「よっ、役者だね~!」のカリト君。ちょっと見返り美人ポーズ???


一方↓こちらは昨日のオリーヴ。

P1000741_RESEIZE.jpg
昨日のパリはムシムシと湿度が高く、屋根裏ウサギ小屋の室温はなんと35度まで上がりました。そこで、ハァハァと苦しそうなオリーヴに氷枕を差し出してみたところ・・・、最初の頃、本犬、よく分かっていなかった模様で、「ほへぇ?」・・・。そして・・・

P1000748_RESEIZE.jpg
「はふぅ~」と氷枕に頭をのせて、涼んでいました。




日々のいろいろ | trackback(0) | comment(7) |


2008/07/27 (Sun) 屋根裏ウサギ小屋大脱走(って大げさ?)

元気に靴下を振り回すオリーヴ↓を連れて、暑くなる前にヴァンセンヌの森散歩へ出かけてみました。

P1000709_RESEIZE.jpg

実は土曜日の午後もヴァンセンヌで1時間半近く散歩&バドミントン(←は相方と私ですが)をしていたので、今日はかる~く湖を1周することにしました。

P1000631_RESEIZE.jpg
天気が良くなると、一気に外へ出たくなるMouvette家(これは、どんよ~り曇り空が多いパリに住むもののさがなのでしょうか???)なのですが、暑さに弱いオリーヴにとって、真夏の日中のお散歩は大敵。でもって住居が屋根の真下にあるMouvette家、室内は熱気がこもり、外よりも温度が上がってしまうので(涙)、なるだけ早い時間帯に、涼しい場所に避難しなければなりません。よって、朝のうちに、木陰のある森まで行ってしまうのがベストなんですね。日陰の涼しいところで、ウロウロする。これで、とりあえず太陽の光は満喫できるし、我が家より涼しくて快適だし、一家揃って大満足になるわけなんです(笑)。

P1000710_RESEIZE.jpg
途中、同じく朝の散歩を楽しむジャックくんと会い、プロレス開始です。機敏な動きを見せるジャックくんの前にオリーヴは完全敗北でしたが・・・とても楽しめたようなので、勝敗はどうでもいいかな。

ヴァンセンヌの湖1周後は、森の最寄り駅の1つであるPORTE DOREE(ポルト・ドレ)駅の駅前に出ているマルシェでフルーツを買い、メトロに乗ってベルシーへ向かいました。

P1000719_RESEIZE.jpg
時間的にマルシェ終了の時間に近かった&バカンスに出てしまったパリジャンとパリジェンヌが結構いたお陰で、割と空いている中でお買い物ができたのはラッキーでした。11区の家の近所のマルシェはパリで1番安いとか何とかで有名らしいのですが、傷むのが早かったりで・・・品物は「ん・・むむむ」と唸ってしまうものも結構あるんですね。ここのマルシェは、果物も大降りで全体的に品物はよさそうな感じでした。

でところ変わってベルシー。

P1000723_RESEIZE.jpgオリーヴ:「はぁぁぁ~、気持ちよかぁ」

段々になった階段を滝のように水が流れるしくみになっている噴水(なのかな???)で涼むオリーヴ。この後、水風呂に入るかのように、水嫌いのオリーヴさん、なんとどっぷり体を水の中に浸していました。よっぽと暑かったのでしょうね。

P1000731_RESEIZE.jpg
ベルシーで出会った他の犬友たちとプロレス。でも、暑すぎたのか、長くは続きませんでした。

ベルシー後はお馴染みクール・サンテミリオンまで木陰の中を歩き、『ベルシーヴィレッジ』でお買い物。別に特別欲しいものがあった訳ではなかったのですが・・・買ってしまいました・・・。

P1000732_RESEIZE.jpg
・・・全然買う気のなかったCROCSの靴を・・・。初めてこのメーカーの靴を見た時は、「何?デッキ掃除に履く靴???(CROCSさん、すいません)」と全く惹かれないデザインに完全無視をしていたのですが・・・ある日、テレビでこのメーカーの特集をやっているのをたまたま見てしまい・・・、変われば変わるものです。「あら、なんか可愛いじゃない?(え?変わりすぎ???)」と思うようになり、遂に購入してしまいましたよ・・・。

ショッピング後は、近所のカフェで軽くビールとサラダを食べ・・・帰宅した時は17時を回っていました。
「はぁ、そろそろ、家の中も涼しくなっているかな~」と玄関を開けると・・・、まだまだ、熱気こもるMouvette家なのでした・・・(もう1回、脱走しようかしら・・・?でもすでにその元気も残ってないかも・・・)。






日々のいろいろ | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/25 (Fri) セーヌ河岸散歩

今日は待ちに待った金曜日~!やっと週末ですね、皆さん♪
・・・と言うわけで、仕事後、相方&オリーヴとリヨン駅で待ち合わせをしてベルシーへ。
昨日までの暑いけど爽やか高原の夏~という感じの天気から変わって、湿度が高く暑苦しい~1日でしたが、セーヌ河岸散歩をしてきました。

P1000689_RESEIZE.jpg
まずは、ベルシー側からBNF(ビブリオテック・ミッテラン)側へ橋を渡り、セーヌ河岸へ。左手に見える建物はプールです。セーヌを見ながら水泳・・・、う~ん、どんな気分なんでしょうね・・・?

てくてくと歩いていると・・・あら、噂のVOGUEO(ヴォゲオ)が見えてきました。
セーヌを利用した新しい交通手段として注目されている(らしい)のですが・・・、本物を見たこと自体が初めてのMouvette家なのでありました。

P1000693_RESEIZE.jpg
一応、地下鉄の定期券でそのまま乗れてしまうらしいのですが、定期券を持たない人で単発で利用したい場合は3ユーロ。ちょっと高いかな?

888888_RESEIZE.jpg
セーヌ河沿いは、船上レストラン&バー、そして船を住居にして住んでいる人など・・・結構活気に満ちています。何かのドキュメンタリー番組で、船を住居にしてセーヌやマルヌ河に停泊している人たちを紹介していたことがありますが、場所確保が大変で、年間かなりの停泊代を支払わないといけないとかなんとか・・・夢があって素敵だなと思いますが、生活するとなると大変なのかもしれませんね。

P1000691_RESEIZE.jpg
おぉ、クワンクワン(Mouvette語でカモの意)がいます~。学生時代、初めて旅行でパリに来た時は、セーヌの汚染がひどくて、河岸を歩いていると汚臭がしたものですが・・・クワンクワンが泳げるくらいに綺麗になったことにちょっと感動です~。

オーステルリッツ駅を越え、13区側から5区側へ移動です。そしてJUSSIEU(ジュシユ)を通り過ぎた辺りから、人もかなり多くなり、河岸でピクニックをしている人たちもちらりほらりと出てきました。そろそろ、ノーリードでお散歩するのは危険かな~(オリーヴがピクニックをしているグループに突っ込んでいく可能性大ですしね・・・)と思われてきたので、ノートルダム寺院の横で河岸散歩終了~!

P1000697_RESEIZE.jpg

↓オリーヴも湿度の高い中沢山歩いて、ちょっと疲れたようです。ノートルダムを後ろに涼むオリーヴなのでした。

P1000699_RESEIZE.jpg


日々のいろいろ | trackback(0) | comment(5) |


2008/07/23 (Wed) パリ・プラージュで散歩

このところ、2件立て続けに子供を車の中に置き忘れて死なせてしまうという悲しい事故が起こっているフランスです。日本では、私が小学校高学年か中学生になった辺りから、子供を車内に置き忘れるという事故をちらりほらりと聞くようになりましたが、フランスでこの手の事故を耳にしたのは初めて(いえ、私が聞きそびれていただけかもしれませんが)。夏場の車中の温度は我々が想像する以上にあっという間に上がってしまうから恐ろしいです。我が家には子供はいませんし、車もないのですが・・・、レンタカーでどこかに出かける際は、家族(特にオリーヴ!だって、人間のように「あち゛ぃぃ~!水くれ~」って言えませんものね)の水分補給に十分気をつけないといけないなと考えてしまいました。

さて、今週の月曜日から、毎夏恒例のPARIS PLAGE(パリ・プラージュ)が始まりました。
これはパリ市が2002年から企画し始め、今年で7年目を迎える夏イベントなのですが、簡単に言うと、セーヌ川沿いの車道を1ヶ月間ビーチにしてしまおう!というものです。まぁ、海が身近にないパリジャン&パリジェンヌのために(そして、私たちのようにバカンスに出れないパリ居残り組みのために???)、セーヌ川を海に見立て、人工のビーチを作り上げ、そこでいろいろなイベントをするわけなんです。
初年度のスローガンは確か・・・遠くの海まで行かなくてもパリにだってビーチはあるさみたいな感じだったかな・・・。なんか、バカンスに行けない人たちの負け惜しみみたいだなと思って、何故か行くのを躊躇ったのを覚えています(苦笑)。毎年、何かのついでに立ち寄ることはあっても、そのためだけに行くことはなかったパリ・プラージュなのですが・・・昨日、オリーヴの(寝る前のPIPI&CACA)散歩コースをちょっと変更して、見に行ってきました。

DSCF8131_RESEIZE.jpg
SULLY(シュリー)橋から下りたところ。なんか電灯の色が怪しげ・・・

DSCF8127_RESEIZE.jpg
若者たち(こう言うと自分が年寄りみたいな・・・(汗))は、楽しそうにピクニック中。よく見るとカップルばっかりですね。まぁ、確かにロマンチックなロケーションではありますよね(笑)

DSCF8133_RESEIZE.jpg不思議な水飲み場
受け皿に水がはねて・・・道路は水浸し。デザインに力を入れたのかも(そうなのか???)しれませんが、なんだかとても飲みにくい噴水でした。

DSCF8136_RESEIZE.jpg
PETANQUE(ペタンク)を楽しむ人々。1度やってみたいな~と思いながらも・・・未だにチャンスがない元祖南仏の遊び。この日も、すでに夜遅いというのに、皆、真剣にペタンクを楽しんでいました。

DSCF8141_RESEIZE.jpg
橋の向こう側に見えるのはノートルダム寺院の側面です。

DSCF8154_RESEIZE.jpg
すでに23時を回っているのに、結構な人が人工の砂浜で涼んでいます。
一応、砂浜にはお約束のやしの木が植木鉢で置かれています。

DSCF8167_RESEIZE.jpg
橋の向こ~うの方に見える青い線はエッフェル塔。ケベック関連の記念イベントとして、普段オレンジ色のエッフェル塔がブルーに染まっています。個人的には、いつものようにオレンジ色の方が綺麗な気がするのですが・・・?


なんか以前よりもかなり規模が縮小されたような(???)気がしたパリ・プラージュ。でもいつも排気ガスブーブーのパリの車道が人々の憩いの場になるというのはいいことだな~と思いました。

この日、オリーヴはいつにもまして興奮状態だった為、夜ということもあり写真はブレブレ(汗)。よって、残念ながら1枚もアップできるものはありませんでした。夜でもかなりの人手なので、オリーヴのお散歩コースとしてはあまり適さないかもしれません・・・。







イベント | trackback(0) | comment(3) |


2008/07/21 (Mon) ブルーマンデー

週末、強風の中、セーヌ川沿いで、バドミントンをし・・・これでもか、これでもかとラケットを振っていたら、すっかり筋肉痛になってしまったMouvetteです(何故、風の強い日によりによって川っぺりでバドミントン・・・?はっきり言って無駄な試み~)。

この週末は、いつも通り、オリーヴを連れてヴァンセンヌの森やベルシーへ出かけたり、(オリーヴ用の)牛の心臓肉を小分けにして冷凍したり、

P1000656_RESEIZE.jpg
台所で陣取るオリーヴの図:恨めしそうに心臓肉を切る相方を見ています・・・

↑にあるように、なんちゃってバドミントンをやってみたり、家の片付けをしているうちに終わってしまいました(涙)。・・・週末、短すぎです(涙x2)!

と言うわけで、今日はもちろん、ブルーマンデーでした。昨晩、1時半まで、『Hell's kitchen(料理人バトル番組で、優勝者は自分のレストランが持てる)』の最終回を見てしまい、そこにバトミントンの筋肉痛が加わり・・・すでに朝、ベッドを出るのに一苦労。その後、なんとか出勤し、仕事を終え、日本領事館までパスポートを受け取りに行って来ました。10年前の更新の際は、カナダのモントリオールでだったな~などとちょっと感慨に浸りながらも・・・ゆっくりと新しいパスポートを確認する間もなく帰宅。
オリーヴを連れて、犬友が集まる広場へ向かいました。オリーヴは何よりも犬友とのプロレスを楽しみにしているのですが、毎回、あまりにも興奮し過ぎてしまうため、手術後はなるべく控えるようにしていました。でも、今日は久々にプロレス大会です!

P1000669_RESEIZE.jpg
↑こちらは、ちょっと一休み中のカネル。お腹までお水に浸りながら、ゴクゴクと飲んでいます。
オリーヴを含め犬友たちの動きが激しすぎて写真ブレまくりです。よって、写真はほとんど無し~・・・。

P1000678_RESEIZE.jpg
こちらの写真は・・・18禁ですね(苦笑)。ウダイは何故かオリーヴを見るとマウントしたくなるらしいんですよね・・・。毎回、オリーヴにぴったりマークで、隙あらば!!!という感じです(笑)。

40分ほどでしたが、皆、ドロドロになりながら遊び回っていたので、帰宅後は軽くぬるま湯でオリーヴ洗濯。そして、夕食を食べて、後片付けをしたら・・・あら、もう22時を回っている~(ひぃぃ、1日終わるの早すぎ~)。
と言うわけで、これから、オリーヴの寝る前Pipi&Caca散歩をし、私もベッドへ直行です。
皆さん、おやすみなさ~い♪



日々のいろいろ | trackback(0) | comment(3) |


2008/07/17 (Thu) オリーヴもやっぱりフランス男(雄)???

・・・という疑問を抱き始めた今日この頃・・・
何故そう思うのか、以下にまとめてみましたので、皆さんの意見をお聞かせ頂ければ・・・と思います。

P1000648_RESEIZE.jpg 「ん???何?」

その1: 2週間ほど前のことです。近所に散歩へ出かけたところ、「おぉ、モデル?!」と思われるようなグットルッキングな女性が道に立っていました。足がスラ~ッと長くて、本当にキレイな人で、私自身、チラッチラッと盗み見ていたのですが・・・オリーヴときたら、ジド~ッと恥じらいもなく見つめ、その上、彼女の方へ向かって突進して行きました(汗)。何とか、リードを引っ張り、オリーヴの行動を阻止するのに成功しましたが、その時の興奮ぶりは犬友に会ったときのようでした(え?比較対象がマズイ???)。

その2: 先週の木曜日、ストリッピング後のこと。トリマーのおじさんに、「はい、さよならのビズ(キス)は?」と促された際、オリーヴは本当に嫌そうに・・・ペコちゃんのごとく横からペロッとちょっとだけ舌を出してビズをしたそうです(相方談)

その3: 同じく先週の木曜日のこと。夜、久々にR-TAKAご夫妻と飲みに行きました(いえ、飲んだのはR-TAKAさんと私だけで、彼女のだんな様と相方は(マイナーそうな)映画を観に行っていました)。オリーヴは、R-TAKAさんのだんな様に対しては、「あっ、ちわ~っ」程度のかな~り素っ気無い挨拶(汗)・・・それに引き換え、R-TAKAさんには・・・「もう、久々じゃないかぁぁ。会いたかったんだよぉぉん」とお尻フリフリフラダンスで、ベロンベロンの熱烈大歓迎。ちょっとぉ、態度違いすぎない、オリーヴ???

その4: 昨日、相方のお友達、相方&私でバスティーユ付近でかる~く飲んだ帰り。毎度のことですが、オリーヴさん、地下鉄の階段辺りで、「ぼくちん、つかれちゃったんです。だっこ!」と駄々をこねはじめました(そのちょっと前まで、道ですれ違ったワンにこれでもかと飛び掛っていたくせに・・・(怒))。
伏せ状態でいやいやをするオリーヴの横を、綺麗なお姉さんが通り過ぎました。その途端・・・オリーヴ、びょぉぉんと勢いよく立ち上がり、あわてて彼女の後を追いかけ始めました。ねぇねぇ、家はそっちの方向じゃないんだけど・・・(汗)。

・・・と、偶然にしては重なり過ぎ・・・かなりの頻度で、綺麗なお姉さんLOVEのオリーヴ。
これって、やっぱり、オリーヴもフランス男の端くれってことなのでしょうか???

P1000636_RESEIZE.jpg
子供(犬)だと思っていた彼も思春期を経て、大人になっていくのでしょうね・・・






OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(5) |


2008/07/15 (Tue) 夏だけど・・・ポトフ!

今日はオリーヴ9ヶ月目バースデー&このブログのハーフバースデー・・・そして、パリ市の自転車貸し出し制度VELIBが始まって1年目(別にこれはMouvette家とは無関係と言えばそれまでですが)・・・要はトリプルバースデーなんです!

DSCF8107_RESIZE.jpg
利用者の扱い方が雑なため修理が絶えない(らしい)VELIB。

月日の経つのは早いものです。昨年の12月にオリーヴを我が家に迎え、今年の1月にブログを始め・・・そのお陰で、いろいろな方に巡り会う事ができました。オリーヴ手術の折には、いろいろと温かい言葉をかけて頂いたりしてとても慰められました。本当に有難うございました。今後とも、拙いブログではありますが、宜しくお願いしま~すね。

さて、話は変わりまして、久々のレストランネタです。
先週、友人が日本から来ていたことはブログにも書きましたが、その友人とポトフ専門店へ行ってきました。友人は何度か行ったことがあったらしいのですが、私は初めて。

cafe.jpg
扉に張られた様々なレストランガイドのステッカーがポピュラーさを物語っています

プランタンデパートのすぐ近くということもあり、よく前は通っていたのですが・・・何故か入る機会を逸していたレストラン。今回、初体験です。

P1000616_RESEIZE.jpg
内装は素朴な食堂風?

シンプルな木目のテーブル&椅子にギンガムチェックのテーブルクロスとナプキン・・・なんか、おばあちゃんがお鍋を持って出てきそうな雰囲気です(実際には若いお兄ちゃんでしたが)。
そして、アルコール好きにはたまらないことに(?)、注文する前から、テーブルにつき1本のハウスワインがすでに置かれていました(注文する手間が省けるかも???)

お料理は・・・ポトフ以外にもお肉系のお料理がありましたが、わたしはやはりポトフ!

P1000617_RESEIZE.jpg
あれ~?オリーヴのおやつの牛骨がなんでこんなところに?(苦笑)

フランス料理を食べる度に思いますが、今回もボリュームたっぷりで・・・とてもとても1人では食べきれない量でした。そうそう、写真の骨髄(オリーヴのおやつ?)はお塩をかけて、トーストにのせて頂きます。お料理だけでも沢山なのに、それにパンを食べてしまうから、ますますお腹が膨れちゃうんですよね~。でも、よく煮込まれていて美味しかったですよ。それに、料金もポトフ17ユーロと、まぁ良心的でした。

友人と私はいつもの例に漏れず、おしゃべり三昧。お料理を頬張りながら、久々の再会を楽しむことが出来ました。

LE ROI DU POT AU FEU(ポトフの王様の意)
住所: 34, rue Vignon 75009 PARIS
TEL: 01 47 42 37 10





レストラン&カフェ | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/13 (Sun) オリーヴ、初めてのストリッピング

オリーヴさんったら大分毛がボサボサになって、「本当のお父さんは(スターウォーズの)チューバカなんじゃぁ・・・」状態になってきたので、木曜日にトリミングへ行ってきました。オリーヴ、初トリミングです!

sw_chewbacca.jpg
↑ オリーヴのパパ???

COUR ST-EMILION (クール・サンテミリオン)のペットショップのトリマーさんと14時にアポを入れ、いざ毛抜き~!ペットショップ大好き♪なオリーヴ、最初の頃は自ら先頭を切って歩いていましたが、いつもと違うトリミングのお部屋へ連れて行かれた辺りから、だんだんとナーバスに・・・(汗)

Olive - 20080710 Toilettage 003
・・・というわけで捕獲されたオリーヴさんです・・・。オリーヴ:「ぼくちん、捕まっちゃったの」

トリマーさんは櫛と指で毛を挟むようにして、毛をピッピッと抜いて(むしって?)いきます。

Olive - 20080710 Toilettage 010


おぉぉ~、さすがプロ。私がたまに手でプチプチ抜いて・・・「あら、全然毛が少なくならないわ~」というのとはえらく違い、どんどん毛がなくなっていきます。

Olive - 20080710 Toilettage 006


Olive - 20080710 Toilettage 018
オリーヴ:「あの・・・どうでもいいけれど、はやくぅぅ」

かなり毛深いだけに、いかにトリマーさんの腕がよくても、時間はかかってしまうんですよね。落ち着きのないオリーヴ、途中からもぞもぞ・・・ごそごそ・・・(汗)。トリマーさんに怒られながらも、確実に毛は少なくなっていきます。

Olive - 20080710 Toilettage 076

毛を引き抜かれると痛い~!という敏感な部分(腹部やおしり)は、はさみやバリカンを使用して・・・

Olive - 20080710 Toilettage 040
はい!すっきりとした背中登場~!

一方、床の方は・・・

Olive - 20080710 Toilettage 047

こんなに小さな体から、まぁよくもこれだけの毛が抜かれたものだと呆れるくらいの量が綿埃のように溜まっていました。

ストリッピング(毛抜き)の後は、はい、シャンプー。どこまでも、オリーヴの嫌いなものばかり・・・(汗)

Olive - 20080710 Toilettage 052
うるうると涙目のオリーヴ。でも、キレイキレイにしてもらおうね~。

Olive - 20080710 Toilettage 080
洗濯後のなんだかロックシンガーみたいなオリーヴの図

Olive - 20080710 Toilettage 088
ぶろろろ~と乾かしてもらっているオリーヴの図

毛抜きして、洗濯&乾燥させて、爪切りや耳の状態を確かめて・・・と、気づけば約2時間近い時間が経っていました(ひぃぃぃ~)。トリマーさん、お疲れ様です~。人間と違い、「はい、こっち向いてください、前足を上げてください」等と言葉で説明できるわけではないし・・・本当に大変なお仕事だな~としみじみ思ってしまいました。

一皮も二皮も剝けてすっきりとしたオリーヴさんは・・・

Olive - 20080710 Balade a Bercy 04

その後、いつものベルシーで、毛抜きの恐怖もすっかりと忘れ、笑顔で芝生の感触を楽しんだのでした。












OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(7) |


2008/07/12 (Sat) パン屋さん (3)

日本からの友人が持ってきてくれた「あけぼのの手巻きなっとう」に異様にはまっているMouvetteです。やっぱり日本のお菓子って美味しいですね~♪(相方は納豆が大の苦手で、かなり引いている模様。でも同じ発酵食品のチーズは「すごっ!くさ~!!!」というものでも嬉々として食べるくせに)

さて、パン屋さんの続きで、いよいよ釜入れです!

P1000540_RESIZE.jpg

その前に少し↑のオーブン・・・というか釜(仏語ではFour a bois)の説明をしますと・・・。
このFour a boisは写真下に見える窪み部分に薪ををくべ、炎がオーブンの中を暖める仕組みになっています。炎がオーブン内に入ることにより、薪の香りがパンにつくようになるんですね。

この手の炎が直接オーブン内に入るものは、現在パリ市内には3個しか残っていないそうです。安全面や環境問題を考えて、パリ市で新たに「昔ながらの手法のオーブン」を作ることは禁じられているのがその理由です(釜の周囲を暖める(要するに炎が釜内に入り込まない)Four a boisはパリ市内にまだ10個あるそうですが)。

毎回Four a boisを暖めるのに、オーブン手前のショッピングカート2個分の薪を燃やします(うん、スゴイ量!)仕込は21時半頃開始で、オーブンを暖め始めるのが22時。焼き始めの午前零時までに、職人さんたちは黙々と仕込みをします。プラス、焼く前に形を整えたパンたちを休ませるための時間も必要なので、本当に手早く作業を進めて行きます。

20080628 Lautre boulange 005_resize
Four a boisの最高温度は400度近くまで上がるそうですが、パンを焼く温度は250度くらい。

板の上にパンを乗せて、素早くオーブンの奥に鮮やかな手さばきで流し込みます。パンのすべりを良くするために、板とパンにオリーヴの種を砕いて粉末にしたものをふります。もちろん、小麦粉でも代用はきくらしいのですが、ただ、パンを焼いているうちに小麦粉の場合、焦げてしまうので、オリーヴの種粉末の方がいいらしいんですね。

20080628 Lautre boulange 047_resize
Four a bois内ではパンたちが仲良く並んでいます。

最初に小さいパンを焼き、その後大きいもの(1斤で6キロあります!)を入れていきます。大きいパンの場合、高温で焼くと外側だけが焼けて、中が半生になっちゃうんだそうです。だから、小さいパンよりも低音でゆっくりと焼くんですね~。
照りを出すために、途中、パンを取り出して、水を吹きかけます。これだけ手が掛かっているですもの、そりゃぁ美味しいわけですよね。

20080628 Lautre boulange 071_resize
出来上がったパンは、職人のパトリックさんの手によって籠に入れられていきます。

はい、これで美味しいパンの出来上がりです!

最後に、「うわぁぁ、食べてみた~い」という方のために・・・情報を載せておきますね。

L'AUTRE BOULANGE
住所: 43, rue de Montreuil 75011 Paris
TEL: 01 43 72 86 04
定休日:日・月曜日(火~金:7h30-13h30&15h30-19h30 / 土:7h30-13h)

(どうも、我が家のオリーヴが行ってみたいらしい・・・。我々がおじさんのパンを食べていると、テーブルの下から狙っているので・・・(汗)でも、パン屋さんは犬禁止ですので、あしからず)

日々のいろいろ | trackback(0) | comment(3) |


2008/07/10 (Thu) パン屋さん (2)

日本からの友人と夏だと言うのにポトフをたらふく食べて・・・お腹が苦しいMouvetteです。
・・・っと、レストランのお話は後日することにして、とりあえず、昨日話し始めたパン屋さんの続きです:

パンと言えば、大きく分けて、所謂コネコネして作る普通一般的なパン類と、パイ生地などを使用してこねずに作る菓子パン類の2種がありますが、私たちが見学したのはコネコネする方のパン。

パンは(もちろん!)小麦粉、水、塩等を入れてコネコネするのですが、このパン屋さんの特徴はそれにLevain (パン種)を加えていることです。もちろん、全てのパン類にLevain (パン種)を入れる訳ではなく、ふっくらとたくさん膨らませないといけないパン類には、Levure (う~ん、日本語訳だとベーキングパウダーなのかな???酵母???)を使用しています。2つの違いは・・・Levain (パン種)とは、小麦粉をベースに作られた一種のバクテリアで、Levure はChampignonと言っていたから・・・ついついマッシュルームとかのきのこ類を想像してしまうMouvetteですが・・・たぶん、菌類でできています。
ここのパン屋さんでは、なんと12年ほど前に先代が作ったLevain (パン種)を、その都度、小麦粉を足して使用しているそうです。

20080617 Autre Boulange 15a_resize

パン生地をコネコネしたら、丸い形にして、(もちろん、その時の温度や湿度でも変化しますが)
だいたい1時間ほど休ませます。

休ませた生地は、その後、様々な形のパンに生まれ変わるのですが、その様子はビデオでどうぞ。




う~ん、鮮やかな手さばきです。

20080617 Autre Boulange 09_resize
パン職人のパトリックさん、素早くパンを麻の布地の上に並べていきます。

P1000537_RESEIZE.jpg

この麻布は昔ながらの手法らしく、これを使用することによって、適度にパンの湿度を保ちながら、パンがくっつくのを防げるのだそうです。

P1000542_RESEIZE.jpg
パンの上の切り込みは、焼いている際にパンが膨らみすぎて破裂するのを避けるため。

そばで見学しているだけで、美味しそうなパンの匂いにクラクラ~です。
さぁ、いよいよ先ほどから写真奥にチラチラと見えるオーブン(・・・というよりは窯???)にパンを入れますが・・・そのお話は長くなってしまったので、また次回!


日々のいろいろ | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/08 (Tue) パン屋さん (1)

昨日は七夕でしたね。乙姫様と彦星様は無事に再会することができたのでしょうか。
ちゃんと逢えているといいですね~!

P1000612_RESEIZE.jpg
オリーヴの願い事は「犬友たちとプロレスをすること」だそうです。大きな犬が大好きなオリーヴ。必死に誘っていますが、でも、相手にされていないような・・・???

さて、前々回の日記(週記??)で、「次回、このところブログをお休みしている理由を話します!」と宣言(?)していたので、その訳を言います・・・と(え?別にどうでもいい???まぁ、そう言わずに・・・)、実は・・・

パン屋さんへ行っていました!!!

そんなの誰だって行くし、お休みの理由にはならないじゃないと思われるかもしれませんが、ただ単にパンを買いに行っていたのではなく、パン屋さん見学へ行っていたのです。

P1000613_RESEIZE.jpg

事の始まりは近所のパン屋さん。Mouvette家が住む地区は昔から職人さんが多く住む、庶民的な界隈なのですが、我々が買いに行くパン屋さんは、その「良き職人、良き庶民気質」を絵に描いたような人なのです。お味の方もとても美味しく、こちらの新聞やガイドブックでも紹介されているのですが、そのパン屋のおじさんに見学を申し込んだところ、快く承諾してくださったのです。そこで、仕込みは夜の9時頃から翌朝の6時頃(!!!)まで続くので、日中仕事をしている身としてはずーっとは見学できないのですが・・・相方と2人、週の間、ちょこっとずつお邪魔していました。

皆さんにも見学の様子をお伝えしたいと考えていますが、今週は友人が日本から来ているので、
もったいぶっている訳では決してないのですが・・・とりあえず、今日のところは・・・

20080628 Lautre boulange 033_resize

おじさんのところの美味しそうなパンの写真を載せておきま~す!

日々のいろいろ | trackback(0) | comment(4) |


2008/07/06 (Sun) 友人の記念日

このところ、すっかり週末(のみ)ブログになってしまっているような・・・(汗)気がするのですが(気がするだけ、気がするだけ・・・だよね?)、とりあえず1週間ぶりの更新です。

7月に入り、パリジャン&パリジェンヌたちもそろそろバカンスへ出発しだした今日この頃、Mouvette家は相変わらずの貧乏暇無しで、仕事に勤しむ毎日を送っています。
ただ、この週末は友人夫妻のお誕生日&結婚10周年記念のお祝いに、パリの東50キロくらいのところにあるMEAUX(モー)まで出かけてきました。

パリ在住組5人でレンタカーして、いざMEAUX(モー)へLet's Go!!!と朝から勢いよく出発したのまではよかったのですが・・・この週末は、第1陣バカンス出発日と重なったため・・・まず、予約をしていたレンタカーを借りるまでに1時間待ち・・・(まるで、ディズニーランドで新しいアトラクションに挑戦したくて待っているみたい???)こんなことで約束の時間に間に合うのだろうか?と心配していたのですが、途中渋滞に少々巻き込まれながらも、なんとかお昼に間に合うように到着することができました。

P1000570_RESEIZE.jpg

お天気は生憎の曇り時々雨模様だったのですが、久々に広々としたスペースで友人たちとのBBQ。
皆でお肉を頬張りながら(・・・ということで、やはり写真無し。みんな仲良くお腹の中です)、おしゃべりをしたり、ゲームをしたり、広いお庭でバドミントンやフリスビーをして楽しみました。
なんだか、バカンスに行かずしてバカンスを味わっているような気分~♪

P1000609_RESEIZE.jpg
とにかくお庭が広くて・・・まるで森状態・・・。

もちろん、この方↓も・・・広い敷地内をランランラララ~ン♪と走り回っていました。

P1000577_RESEIZE.jpg
「走るだけが能じゃないよ。かじかじもやってるも~ん」のオリーヴ

友人たちにも可愛がってもらい、いろんな人にナデナデしてもらったり、抱っこしてもらったり・・・モテモテです。

P1000608_RESEIZE.jpg
「そろそろ彼の膝から降りて、次の人のところへ行きたいな~」と考え中のオリーヴ

お昼頃からお邪魔して、気づけば夜。夕食も日が長いことを利用して、皆で引き続きBBQを楽しみ、1日中アウトドアを満喫することができました。堅苦しい「会」ではなく、皆打ち解けた感じでお祝いができて、とても素敵~でした♪

P1000611_RESEIZE.jpg
遊び疲れてZZZのオリーヴ。なんか足をおしゃぶりしているような・・・??!


日々のいろいろ | trackback(0) | comment(5) |


| TOP |

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mouvette

Author:mouvette
東京→ケベック→パリでの生活を経て、2009年末にパリ近郊都市へお引越し。相方のツルさんと2007年12月に我が家の一員になったボーダーテリア(2007/10/15日生の♂去勢済み)のオリーヴと一緒に暮らしています。2011年4月13日に第1子誕生。

ブログランキング

ブログランキングに参加中です: 1日1回ぽちっと押して頂けると嬉しいです

FC2ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

12  12  11  10  09  08  07  05  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

お気に入りのブログ

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。