--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/30 (Tue) コング消滅・・・

帰宅後、オリーヴと彼のお気に入りのコングで遊んでいたところ、運動オンチのMouvette、投げる角度を少々(?!)誤ってしまいまして・・・コングはガス台に当たり、そこから半開きになっていた窓の外へ。
完全に落っこちてくれればよかったのですが、運の悪いことに、コングは雨樋の中へぼちゃんっ!

興奮してコングを追い掛け回していたオリーヴ、急に消えたコングに???状態。
キッチンからトイレと行ったり来たりしていましたが、かなりし~んとしたムードでサロンに戻ってきました。

Olive_20080928_chez Nous03_resize
「あの、ぼくちんのコングは?」と私に疑いの目を向けるオリーヴの図。
ひぃぃぃ~、ごめんなさ~い(汗x2)!!!

最近、仔犬の頃から慣れ親しんできた彼のお気に入りのおもちゃたちが次々とお亡くなりになっている中、1番のお気に入りのコングまで突然目の前から消えてしまい、いと気まずし・・・。
とりあえず、疑いの目を向けるオリーヴを騙し騙し、その場はRICHARD LENOIRワンワン広場へ出かけました。

そして、その夜、今まで隠していたおもちゃを出してみました。

P1010403_resize.jpg
いかにも体に悪そうな3本毛が生えたカプセル・・・。中にはトリーツを入れることが可能です。
本当はトリーツが少しずつ穴から出るようにするのでしょうけれど、我が家にあるものはこの穴よりも微妙に大きく・・・、でも、まぁ、いいっかと言うことで、大きめのトリーツをカプセルに入れて、お詫びのしるしとして、オリーヴに差し出してみました。

P1010404_resize.jpg
食べ物の匂いに釣られて、突如として目の色が変わるオリーヴの図。ゲンキンだな~。

P1010405_resize.jpg
よし!の号令が出るのを今か今かと待っているオリーヴの図。名前を呼ばれても、気に食わないことがあったり、他のことに夢中になっていると、こっちのことなんで全然無視なのに・・・こういう時は、穴が開くほどじぃぃぃっと見つめてくるのよね・・・。

どうせ、うまくねじを開けられないだろうと高をくくっていた私、しばらくしたら開けて中身を出してあげようと思っていたのですが・・・

P1010407_resize.jpg
ほんのちょっと目を離した隙に、見事にカプセルを開け・・・当然、中身はペロリと平らげていました。
・・・お腹が空いている時って、普段使わない脳ミソまで使うのかしら???

まぁ、こんなことをしても、コングを消滅させてしまったことに変わりはないので、近々、ネットで注文してあげようと思っているMouvette家でした。




スポンサーサイト

OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(6) |


2008/09/28 (Sun) 文化遺産の日(2)経済産業省

昨晩、お友達のR-TAKA夫妻&YUMIちゃん夫妻を誘って、日仏友好150周記念のイベントを観にセーヌ河岸へ出かけ・・・イベントの規模の小ささ(と言うか、サイトに書かれていた内容からかなり誇大妄想が入ってしまい、すごいものを想像してしまったからかもしれませんが)に、かなり引いてしまったMouvette家です。でも、150周年イベントと言ったら、それ相応のものを期待してしまいませんか???

さて、↑のお話は後日ゆっくりとすることにして、今日は文化遺産の日の続きについて書きます:

ちょうど今日から1週間前の日曜日の午後、オペラ座を見学後、メトロ、ピラミッド駅から14号線に乗ってベルシーへ向かいました。目的地は、経済産業省。

JEDP_20080921_MinistereEconomie_17_resize.jpg

経済産業省は、19世紀以来、ルーブル宮殿の一部に居を構えていたのですが、ルーブル美術館の拡大により、80年代、当時の仏大統領フランソワ・ミッテランによりベルシーに移されました。
137人の建築家の中から2人の建築家が選ばれ、22万㎡の広大な敷地に総工費6憶5千万ユーロ(!!!)をかけて、現在の経済産業省が建設されました。

JEDP_20080921_MinistereEconomie_04_resize.jpg
経済産業省の模型。セーヌ河にそってでべろ~んとそびえています。近代建築で温かみに欠けるからか、一般フランス人たちからの評判はあまり芳しくないようですが、2人の建築家によると「省と名がつくからには威圧的であるべき。だから、敢えて冷たい感じが出るように設計した」とのこと(ホンマかいな?単なる開き直りなんじゃぁ・・・?)。

JEDP_20080921_MinistereEconomie_09_resize.jpg
7000人近い人が働くこのマンモス省には4つのレストランがあります。写真下部の影になってしまっている部分が、その4つのレストランです。

Ville_20080920_JPatrimoine_MinEconomie05_resize.jpg
また、省内には郵便局があり、毎日膨大な郵便物が行き来しています。郵便物は写真にある青いボックスに入れられて省内の端から端までを20分で移動します。

JEDP_20080921_MinistereEconomie_14_resize.jpg
省内一部

とにかく広くてただ歩いているだけでも時間が取られてしまうのですが、その上、経済産業省の入り口でクイズを渡され(別に強制ではないのですが、こういうものを渡されると妙に燃えてしまうMouvette家)・・・その答え探しをするため、経済省の方々に質問をしたり、掲示板を読んだりしながら進んだので、当初1時間くらいの見学でと思っていたところ、大幅に予定を上回り、2時間以上あちらこちらを見て回ることになりました。

        JEDP_20080921_MinistereEconomie_28_resize.jpg
↑こちらはPORTE D'HONNEUR(迎賓のためにのみ用いられる特別な入場口)。今回は特別に一般見学者の我々のために、この扉を開いたそうです。フランスでは官公庁を建設する際、それにかかる費用の1%を芸術家を助ける目的の元、美術品購入に当てなければならないという決まりがあります。で、この迎賓用の扉もそういう芸術家の作品のひとつという訳なんですね。

Ville_20080920_JPatrimoine_MinEconomie15_resize.jpg
迎賓扉はブロンズで出来ており、1枚の重さが約2,5トン。それが、2枚あるので、合計5トン!施されている彫刻の数々を見るだけでも、いかにも重そうな扉ですよね。

で、見学の最後にクイズの答え合わせをし・・・ラッキーにも全問正解~!
懸賞に、経済産業省の写真集(う~む・・・もらってもちょっと困るかも)と税関40周年記念のTシャツ(パジャマにでもする・・・???)を頂きました。まぁ、賞品そのものよりも、普段話す機会などゼロのお役所の人たちといろいろ話して、経済産業省の役割を勉強するという意味で、とても有意義な見学だったかなと思います。

P1010399_resize.jpg
さてと、来年はどこを見て回ろうかな~と今から考えているMouvette家なのでした。


イベント | trackback(0) | comment(3) |


2008/09/26 (Fri) ジャックべべにメロメロ

文化遺産の日の続きの部分はちょっと横においておきまして・・・この前の日曜日はウダイのオーナー、ジョアナのお誕生日でした。

P1010092_resize.jpg
ウダイ?誰、それ?という方のために・・・。縄をかじかじしているのはドーベルマンのアンブル(♀)で、その上に必死にしがみついているのがウダイ(♂)です。

そこで、いつものRICHARD LENOIR ワンワン広場でお誕生日会をしました。・・・って、テーブルから食べ物まで全て用意してくれたのはジョアナだったのですが・・・。

Amis_20080921_RLenoir_AnnivJoana07_resize.jpg
人間たちがシャンパンを右手に、サンドイッチを左手と忙しく飲み食いしている間、犬たちはテーブルの周りをおこぼれ欲しさにたま~にうろうろしながらも、元気に遊んでいました。

Chiens_20080921_RLenoir01_resize.jpg
オリーヴはテーブルのものは絶対にもらえないと知っているからか・・・テーブルの方には来ませんでしたが、その周囲の木々をすんすん。横にいるのはジャックラッセルのべべ。好奇心旺盛だけど、まだちょっと怖いみたい。ぽてぽて歩く様がなんともべべらしく、人気を集めていました。

Chiens_20080921_RLenoir02_resize.jpg
ジャックちゃん、やっと3ヶ月になったばかりなんだそうですよ~。

Chiens_20080921_RLenoir03_resize.jpg
ピルーとチュッ。なんとも愛らしく、相方共々メロメロです。オリーヴもちょうど3ヶ月目くらいにRICHARD LENOIR ワンワン広場デビューを果たしたのですが、とんでもなくガウガウ犬だった彼は態度もデカく、のっけからラブちゃんに襲い掛かり・・・(汗)。ラブちゃんからバウッと叱られて、びびりション・・・。
あぁ~、懐かしいな~と思うと共に、ジャックちゃんとの差にちょっと愕然としてしまったMouvetteでした(苦笑)

Chiens_20080921_RLenoir09_resize.jpg
アシールともちゅぅぅぅ。
人間からも犬からもモテモテのジャックちゃんなのでありました。

人間たちは19時頃から1時間ばかり、飲み、食べ、話し・・・その後、日も暮れてきたのでお開きとなりました。9月も後半になると、大分日も短くなり、いよいよ冬に向かってまっしぐら~という感じです。

さぁ、今日で1週間終わり~!やっと週末ですね。
今週も1週間お疲れ様でした。皆様、よい週末をお過ごしくださいね~♪




OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(2) |


2008/09/24 (Wed) 文化遺産の日(1)オペラ座

前回の日記にも書きましたが・・・毎年9月第3土・日曜日は文化遺産の日(JOURNEE EUROPEENNES DU PATRIMOINE)に定められており、普段民間人の立ち入りできない建物を見学することが可能なんです。

                   visuel2008_vignette.jpg
それで、Mouvette家では毎回この機会を利用して、少しずつ回るようにしているのですが・・・今年は、オペラ座とMINISTERE DE L'ECONOMIE DE L'INDUSTRIE ET DE L'EMPLOI(経済産業省)を訪れてみました。

午前中はマルシェでの買い物などの用事をバタバタと済ませ、お昼近くからオペラ座へ。

JEDP_20080921_Opera_Garnier_044a_resize.jpg

入場はいつもの正面玄関からではなく側面にある入り口からだったのですが、そこに到達するまでに約20分ほどかかりました。でも、2年前に内務省を訪れた時は、朝早く出たのに1時間以上待ったので・・・それに比べたら、割とスムーズに入場できたと言うべきでしょうか。

JEDP_20080921_Opera_Garnier_043_resize.jpg

簡単なセキュリティチェックの後、シンプルな廊下をテクテク歩いて行くと・・・

JEDP_20080921_Opera_Garnier_055_resize.jpg
じゃじゃじゃじゃぁぁん(?)とゴージャスな広間にぶつかります。天井の鏡にきらびやかな装飾が反射し・・・一体全体どこに焦点を定めていいものやら???と目が泳いでしまったMouvette・・・。

この華やかな広間から右手に入ると、上に上がるための階段に出るのですが、こちらも隅々にまで彫刻が施されております。

JEDP_20080921_Opera_Garnier_071 daguerreotype_resize


                    JEDP_20080921_Opera_Garnier_088_resize.jpg
華やかな大理石の階段にトカゲ(?)さんは~っけん♪それにしても、どうしてこんなところに???
・・・って、贅沢なすみかですね~(笑)

絢爛豪華な階段の上にはこれまた絢爛豪華な景色が待っています。

JEDP_20080921_Opera_Garnier_145_resize.jpg

ベルサイユ宮殿の鏡の間???と思ってしまうくらい、シャンデリアキラキラ~。どこもかしこも金きらり~んで、とんでもなく庶民なMouvette家は見慣れないからか・・・雰囲気に圧倒されて疲れてしまいました。

Ville_20080920_JPatrimoine_Opera25_resize.jpg

↑の回廊からテラスにアクセスできるのですが、1歩外に踏み出すと、オペラ大通りが一望!
思わず、マリーアントワネット妃じゃありませんが、「民衆よ、パンがないのならケーキでもお食べ!」と言ってしまいそうな(???)眺めです。

JEDP_20080921_Opera_Garnier_104_resize.jpg


Ville_20080920_JPatrimoine_Opera45_resize.jpg
大理石張りではないところは細かいモザイクで埋め尽くされています。
で、この写真奥の扉から中に入ると・・・オペラ座の劇場中心部に到達です。

↓は有名なシャガールの天井画。重厚な装飾にパステル調のシャガールが妙にマッチしています。
JEDP_20080921_Opera_Garnier_129_resize.jpg
バレエやコンサートを聴きにオペラ座へ行く時は、演目の方に集中してしまって、内部の装飾を見るのは2の次になってしまうので、この機会に是非!とじっくり見てきました。

JEDP_20080921_Opera_Garnier_132_resize.jpg
ガイドブックによると11000㎡という広大なスペースを誇るオペラ座ですが、劇場の席数は1971しかないとのこと。確かに、こう装飾に場所を取ってしまうと、席数が取れないのかもしれませんね。

オペラ座内部の見学そのものはバレエやお芝居を観に行く時にもできますし、また入場料をいくらか払えば建物の見学はできるので、文化遺産の日でないと見れないというものではないのですが、普段生活しているとなかなか訪れる機会を逸してしまうので、久々に時間をかけてじっくりと見学することができて満足のMouvette家でした。

そしてこの後、ベルシーにある経済産業省へ向かったのですが、そのお話はまた次回~♪








イベント | trackback(0) | comment(7) |


2008/09/22 (Mon) 夕方の散歩

20・21日の週末は文化遺産の日(JOURNEE EUROPEENNES DU PATRIMOINE)でした。週末くらい、オリーヴとのんびり過ごそう!と心に決めていたのですが、文化遺産の日に普段見れないものをいろいろと見て回るというのはMouvette家の習慣になっておりまして・・・よって、日曜日の午後はオリーヴに(またもや!)留守番をお願いして外出してしまいました(←こちらのお話は後日しますね~)。
そのためか、オリーヴのご機嫌は斜め加減・・・(ごめんよ~!)。とりあえず、朝・晩の散歩は自宅の周囲をぐるりとする程度の簡単なものなので、夕方のお散歩を充実させよう!とヴァンセンヌの森へ出かけてきました。

Chien_20080918_Vincennes17_resize.jpg
オリーヴ、すんすん匂い収集中の図・・・。オリーヴ:「ん?」

Chien_20080918_Vincennes18_resize.jpg
彼が見つめる先には子供たちとボール。もともと、オリーヴはおもちゃに(コングを除いて)ほとんど関心を示さないのですが、他の人や(特に)犬がおもちゃやボールで遊んでいると、むむむっ!と急に好奇心むき出し~になるんです・・・。

Chien_20080918_Vincennes15_resize.jpg
↑で、こちらは他のワンさんから取り上げたボール(汗)。ボールと言ってもすでにぺちゃんこ・・・。
追いかけっこしてボールを取るところまでは夢中になってやっているのですが、ひとたび手に入れるとどうしていいのか分からず・・・な~んか手持ち無沙汰なオリーヴです。

Chien_20080918_Vincennes02_resize.jpg
ワンさん(名前を聞くのをわすれました・・・)、オーナーさんが手に持っている木の枝に注目です。すごくお利口さんで、きちんとオーナーさんからOKが出るまで待っているし、持って来いのコマンドもばっちりできます(はい、オリーヴと大違い~!(笑))。

Chien_20080918_Vincennes04_resize.jpg
オリーヴと同じく昨年の10月生まれのシスコ。彼らがもっとチビだった頃は一緒に遊んでいたのですが、最近はじゃれ合ったりしなくなってしまったんですよね(と言うか、シスコに相手にされなくなっちゃったと言った方が正解かも・・・)。シスコが口に咥えているのは上のワンさんの枝。皆が取り合うのを見て、オリーヴも急に欲しくなってしまった模様です(笑)。競争心が激しいと言うのか、真似っ子おさる(?)のオリーヴさんと言うのか・・・。

1時間程度、皆とじゃれ合ったり、走り回ったりで・・・もちろん、まだまだ遊び足りな~いという感じではありましたが、とりあえずは満足してくれたようです。さて、明日の夕方の散歩はどこへ行こうかしら???






OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(10) |


2008/09/20 (Sat) タイ料理:PARADIS THAI

9月に入り、相方も私も8月までのバカンス気分から一気に仕事モードに切り替わり・・・慌しい毎日を送っている今日この頃、オリーヴはすっかりお退屈~。しかも、日中1匹でお留守番の任務についている彼は、私が帰宅すると同時にどこまでも・・・そうトイレまでもついてきます。そして、土曜ワイド劇場(でしたっけ???)の『家政婦は見た!』の市原悦子演じる家政婦のごとく、隙間からトイレにいる私を覗き込んだりしています(・・・って、家政婦さんはトイレの覗きはしないか・・・どちらかと言うと、オリーヴのは痴漢行為??!)。とりあえず、週日の仕事後と週末くらいはオリーヴと!という考えから、ブログの記事が手抜きになりがちですが(これって言い訳?)・・・気長にお付き合い頂けると嬉しいです。

さて、早速ですが、手抜き過去もの記事です(笑)。
↓こちらは先週の日曜日、日本からのお友達と、彼女のリクエストで出かけたタイレストラン。
以前に紹介したタイ・ラオス料理のレストランLAO LANE XANG 2が満席で予約が入らなかったため、別のタイ料理のレストラン、PARADIS THAI(パラディ・タイ)へ行って見ました。
お料理は、グリーンカレー、牛肉のサラダ、ネムラオ(お米と発酵させたソーセージのサラダをグリーンサラダに包んで食べます)海老、鶏肉を葉っぱに包んで揚げたもの等々をチョイス。これらをステッキーライスで頂きました。

Restaurant_20080914_ParadisThai_8445_resize.jpg
牛肉のサラダ。ピリッとして辛いものが好きな私にはグ~でした♪

Restaurant_20080914_ParadisThai_8450_resize.jpg
ネムラオ。こちらも唐辛子がピリリとしていて美味しいんです。特に、グリーンサラダにミントとネムラオを乗せて頂くと、さっぱりとしていけます。

Restaurant_20080914_ParadisThai_8447_resize.jpg
こちらは鶏肉を何か笹のような・・・葉っぱで包んで揚げたもの。ちょっぴり甘いソースと一緒に頂きます。鶏肉が大好きな私は1人でもぐもぐ・・・。

・・・と3品ほどお写真紹介をしたところで、残りのお料理とマンゴーとステッキーライス&ココナッツミルクのデザートは仲良くお腹の中へと消えていったのでした・・・(で、写真無しです)。

PARADIS THAI
住所: 132, rue de Tolbiac 75013 PARIS
TEL: 01 45 83 22 26




レストラン&カフェ | trackback(0) | comment(5) |


2008/09/18 (Thu) めざせ、ワンワン3重の塔?!

青空には恵まれるも・・・すっかり涼しくなってしまったパリ。
一昨日は、まだ9月半ばだと言うのに、キムチ鍋を作ってしまったMouvetteです。
そろそろ、暖房器具のお掃除もしておかないとかな~・・・。

さて、前回の記事に引き続き、過去もので申し訳ないのですが、先週のRICHARD LENOIRワンワン広場の模様をお届けします:

・・・って、お届けするほど写真を撮っていないのですが、とりあえず、思春期を迎えたらしい(?)サモのカイゾにクローズア~ップです(よって写真は全て18禁ということで(笑))。

Chiens_20080912_RLenoir8421_resize.jpg
・・・なんか、カイゾ、と~っても嬉しそう・・・?アンブルはいつものポーカーフェイスでしら~っとしているし、その横で、オリーヴは「それ、ぼくちんのロープ」とアンブルの口元を狙っています・・・(相変わらず、心の狭いオトコだ(笑))。3匹3様で、それぞれ全く違う思惑を抱いている辺り、皆、マイペースですね。

Chiens_20080912_RLenoir8427_resize.jpg
「アンブル姉ちゃん、お~んぶ♪」とでも言っているのでしょうか???
そんな2匹の足元で、アルチュールは何をしているんだか・・・。まったく、隙も油断もあったもんじゃありませんね。

Chiens_20080912_RLenoir8434_resize.jpg
アンブル、遂にカイゾの重さに耐えられず・・・地面にへた~っ。でも、相変わらず、ポーカーフェイスでゲットした縄をかじかじしています。

Chiens_20080912_RLenoir8436_resize.jpg
そこで、2匹がじーっとしている間に、オリーヴをカイゾの上に乗せて、わんわん3重の塔を作ってみようと思ったのですが・・・その瞬間、アンブルにウォワフと怒られ、3重の塔の達成は成りませんでした(残念!)。

明日はやっと金曜日♪
あと1日頑張れば週末ですね~。
私は1週間の中で、「あ~、今週も1週間頑張った~。明日はたっぷり朝寝坊するぞ~っ!」と思える金曜日が1番好きなのですが、皆さんはどうですか???






OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(3) |


2008/09/16 (Tue) ヴァンセンヌの秋

この週末は久々に日本からお友達がふたり、それも別々に(!!!)、パリに遊びに来ていました。
来ない時は誰も来ないのに(???って当たり前か)、来る時は皆まとめてやって来るから不思議です。
とりあえず、土曜日に1人、日曜日にもう1人という感じで、久しぶりの再会を楽しみましたが、欲を言えば、もうちょっとゆっくり会いたかったなぁ~と思うMouvetteです。

さて、こちらは現実世界からは遅れ気味(毎度のこと?)ですが、先週の水曜日のヴァンセンヌの森でのオリーヴです。

Olive_20080910_Vincennes01_resize.jpg
・・・おっと失礼・・・。オリーヴさんたら、久しぶりのヴァンセンヌに興奮して、ほぼ1mごとに片足あげて、ち~ぃぃっ・・・。どう考えてもチッコタンクは空のはずなのに、めげずに頑張っておりました。

この日のパリは快晴。お天気が良いと、一体全体どこから~???!と不思議に思うくらい、沢山の人がわらわらと湧いて・・・、出てくるんですよね。もちろん、私たちもその中の1人と1匹だったのですが、お日様の力って本当にすごいですよね~。

Olive_20080910_Vincennes04_resize.jpg
オリーヴ、お気に入りのジャック君とプロレスを楽しむの図。

人だけではなく、犬も大・中・小と入り混じって10匹くらいはいたでしょうか・・・。皆、太陽の光を浴びながら、ボールを追いかけたり、プロレスをしたり・・・

Olive_20080910_Vincennes08_resize.jpg
休憩したりしていました。↑のオリーヴ、なんか頬のあたりがぷっくり、むっちりして・・・
お多福みたい。いつも、オリーヴは「テリア」というよりは「田吾作ちゃんだよね~」と思っているのですが、このオリーヴはどちらかと言うと「おカメさ~ん」って感じ(笑)。

そうそう、この日、RICHARD LENOIRワンワン広場の犬友、カイゾもヴァンセンヌまで足を伸ばしておりました。

Olive_20080910_Vincennes07_resize.jpg
でも、お互い知っているお友達とよりも新しいお友達と遊びたいと思ったのか・・・、2匹共、別々のお友達と遊んでいて、いつものようなツーショットを写真に収めることはできませんでした。

Olive_20080910_Vincennes10_resize.jpg
ヴァンセンヌの木々も少しずつ秋色に色づいてきました(・・・と言うよりは、ただ単に枯れてきたって感じかな)。もうすぐ、あのヨーロッパのどんよ~り灰色雲に覆われた、暗く長い冬がやって来るのかと思うと憂鬱ですが・・・だからこそ、今のうちに出来る限り太陽の光を吸収しておかなくてはと思うのでした。







OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(6) |


2008/09/14 (Sun) 日本レストラン:喜楽亭

メトロでのお話:私の横に若いママンと2歳くらいの男の子が座っていました。男の子は盛んに「あや~、ママン、あや~」と叫んでおり・・・、最初の頃は「日仏ハーフで日本語をしゃべっているのかしら」とか「中国語???」等とぼんやり考えていました。でも、男の子の顔立ちはどう見てもヨーロッパ系。じゃぁ、「あや~」って???すると、若きママン、笑いながら男の子に「あや~じゃなくてVOILA(ヴォワラ:ほら見ての意)よ」。・・・え?あや~=ヴォワラ???どこにも類似する音がないのに、すぐに理解できるなんて、さすが母親!!!と感心してしまったMouvetteでした。それにしても、子供の言語って面白いですね。

さて、話は変わってレストランネタです。今年の夏、どなたかのブログで土曜の丑の日の記事を読んだり、イギリスのロビンさんの「野田岩でうなぎ」というお話を聞いてから、無性にうなぎが食べたかったのですが・・・遂に、重い腰を上げて、うなぎを食べに行ってきました。

で、うなぎと言えば、有名なのはオペラ界隈にある野田岩さんなのですが・・・天邪鬼な私(?)は14区にある喜楽亭さんへ。

restaurant_20080910_kirakutei_11_resize.jpg
喜楽亭さんはカウンター席とその横に5つくらいテーブル席が入るこじんまりとしたお寿司屋さん。実は、私は生魚がそれほど得意ではなく、お魚は好きなのですが、できれば若干火が通っている方がいいんですね。因って、お寿司屋さんとはあまり縁がないのですが、相方はお寿司好きなので・・・お寿司もうなぎも食べられる喜楽亭さんを選んだ訳なんです。

19時45分頃、(平日の夜ということもあり)予約無しでレストランに到着。すでに店内はいっぱいだったのですが・・・なんとかカウンター席に2席用意してもらいました。でも、私たちより後にお店にいらっしゃった方々は断られていたので、予約を入れる方が無難のようです。

↓こちらはこの日チョイスしたお料理。

restaurant_20080910_kirakutei_06_resize.jpg
相方の注文したお寿司と

restaurant_20080910_kirakutei_10_resize.jpg
私のうなぎちゃんです♪お寿司屋さんのうなぎということで、ご飯は酢飯だったのですが・・・妙にさっぱりとして、こってりとしたうなぎとマッチしていました。

デザートは抹茶チーズケーキとゴマアイスクリームを取ったのですが・・・例のごとく、お腹の中です(スイマセン)。

あ~、久々のうなぎ、美味しかった~。ちょっと自宅から遠いのですが、また(すぐに)食べに行きたい!と思ってしまいました。

喜楽亭
住所:38, rue Pernety 75014 Paris
TEL:01 45 42 33 15
定休日:日・月曜日


レストラン&カフェ | trackback(0) | comment(8) |


2008/09/11 (Thu) オリーヴの妙な癖

今日で9・11のテロから丸7年を迎えました。月日の過ぎるのは速いものです。
当時、私はパリで学生、相方は仕事の関係でNYの横、ニュージャージーにいました。
未だ世界中の至る所で紛争が絶えないし、9・11の後遺症に苦しむ人が大勢いることを普段は忘れがちなのですが・・・この機会にきちんと心に留めて置く必要があるなと思うMouvetteでした。

さて、話は変わりまして、今日はオリーヴの変な癖についてお話しします。
我が家では、屋根裏ウサギ小屋からオリーヴを救出すべく、1日に3~4回散歩へ出かけます。
で、お散歩から帰宅する度に、オリーヴは建物の入り口に置かれた玄関マットで(我々が足をゴシゴシするように)体をゴシゴシ~とやるのです(←そう、これが変な癖)。

話は滅茶苦茶飛ぶのですが、玄関マットと言えば、何年か前に、こちらの日刊紙『LE PARISIEN(ル・パリジャン)』のCMが(私の中で)流行りました。(CMはこちらから↓動画でご覧いただけます



フランス人の多くから「パリはフランスにあらず」と言われ、そこに住むパリジャン&パリジェンヌの評判も・・・決して良いとは言えない・・・それを逆手に取ったうまいCMだと思うのですが、皆さんはどう思われますか???

最後に・・・動画続きで申し訳ないのですが、↓が玄関マットに体をこすり付けるオリーヴの図です。



お散歩へ行く時はやらないのに、帰宅すると真っ先に体ご~しごし~。しかも、我が家のドアの前にも玄関マットはあるのに・・・家の玄関マットではやらないで、建物の(だから他人の)玄関マットで体をこするオリーヴ・・・やっぱり彼もパリジャンなのでしょうか???

OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(7) |


2008/09/09 (Tue) RICHARD LENOIRのひとこま

9月に入り新学期と共に・・・仕事も津波のごとく押し寄せ・・・週の頭だというのにすでに疲れているMouvetteです。ただ今、お昼寝(お夕寝???)の誘惑と戦いながらブログの更新中です。
・・・で、特別なネタはないので・・・いつものRICHARD LENOIR(リシャール・ルノワール)の犬友広場の写真をお届けします(はい、とてもいい加減です)。

↓こちらは、昨日、仕事の後、ふらふらしながら出かけたRICHARD LENOIR(ふらふらは私だけ。オリーヴはばびゅぅぅ~んと元気いっぱい(笑))。

P1010222_reseize.jpg
左:タイソン(え?犬種とボクサーのタイソンとかけているのかな???)/右:オディア
タイソンはオディアにひどくご執心で、ず~っと追い掛け回していました。
で、疲れたオディア、バタッ

P1010223_reseize.jpg
オディアが倒れた隙につけ込もうとしたところ、「気安くしないでちょーだい!」と鉄拳パンチを喰らったタイソン・・・。うん、どこの世界でも女は強いのね。

一方、こちらは綱引きに夢中になる3匹+人間1人・・・となんか仲間に入りそびれて傍観者(犬)しているカイゾ

P1010232_resseize.jpg
低姿勢でグイグイ引っ張っているのはクリスピー。彼女から時計回りでアルチュール、オリーヴ、カイゾ。家ではあまり綱引きに興味を示さないオリーヴなんですが・・・所有欲の強い彼は自分の縄をクリスピーが引っ張っているのが気に入らないようです・・・(心の狭いオトコだ・・・

P1010230_reseize.jpg
おおぉ、大漁です♪ フレブル2匹にボーダーテリア1匹の1本釣り~。

P1010233_reseize.jpg
カイゾ、綱引きに夢中になる3匹を呆然と眺めています。

P1010225_reseize.jpg
「勝ったわ♪」と得意満面のクリスピー。やっぱり、女は強し??!

その頃、年長者(犬)のプンプンとアンブルは・・・

P1010241_reseize.jpg
2匹寄り添いながら、彼方を眺めていました・・・。


・・・と、この日も、それぞれ楽しく遊び、めでたし、めでたしなのでした。












OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(7) |


2008/09/07 (Sun) GROM:イタリアンジェラート

仏日刊紙のLE MONDE(ル・モンド)から出る週刊誌LE MONDE 2(・・・タイトル、そのままじゃん・・・)にイタリアはトリノ発のジェラート屋さんがパリに進出したという記事が載っていたので・・・決して暑くはない今日この頃ですが、食べに行ってきました。

P1010205_reseize.jpg

パリでジェラートと言えば、チェーン店のAMORINOやGELATI ALBERTO等がありまして、ジェラートを芸術的にバラの花びらよろしくコーンの上にデコレートしてくれたりして、嬉し+美味しいのですが・・・。今回、8月22日にオープンしたGROMのコンセプトはアンチファーストフード、言い換えるとSLOW FOOD:厳選されたBIO製品や季節の果物(こちらも全てBIO)を昔ながらの手法で時間をかけて作ったジェラートを売りにしています。そして、もちろん、無添加・無着色・無香料です。

P1010208_reseize.jpg
入り口に8月のお品書き。例えば、メロンやアプリコットと言った果物は夏限定のフレーバー。シシリアが産地のAVANAみかんは12月から2月限定と言った感じで、季節に沿っていろいろなフレーバーを試せるようです。

P1010214_reseize.jpg
デコレーションは・・・美しい!!!とは言い難いのですが・・・
左:ヌテラでお馴染みの(?)ヘーゼルナッツ&チョコレートとミルク&ミントのフレーバー
右:エスプレッソコーヒーとミルク&ミントのフレーバー
コーンは甘いタイプと甘くないタイプ、2種の中からチョイスできるのですが、甘くないものを取ってみました。
・・・で、お味の方は、どのフレーバーも濃厚な本物の味!食べ終わった後も変なのどの渇きがないし、と~っても美味しい~!!!!

ジェラートが大好きという方は是非お試しあれ!
現段階ではイタリアを中心にして、NYC(2165 Broqdway, 233 Bleecker and Carmine village)とパリ(81 rue de Seine 75006)にお店が出ています。そして、GROMの2人の若き経営者たちは東京に店舗を出すことを検討中だと記事にはありました。

美味しいジェラートを食べた後は・・・

P1010216_resize.jpg
サン・シュルピス教会近辺を散歩して帰路につきました。

明日からまた1週間が始まります。皆さん、よい1週間を~!


日々のいろいろ | trackback(0) | comment(4) |


2008/09/06 (Sat) IKEAのワンワンベッド つづき

今日は朝から快晴、オリーヴも快便(汚くて失礼!)でハッピーな1日の始まりです。

さて、前回お話ししたIKEAわんわんベッドですが、その後の経過をお知らせします:

Maru in Michigan』の...manamoon...さんから、「ベッドを選ぶとは、違いが分かるオトコですね」とお褒めの言葉(?)を頂いたばかりだったのですが・・・

実は・・・オリーヴのこだわりなんてあってないようなものだったようです(いえ、ずばり、なかったようです!

昨晩、いつも彼が眠るサロンの隅、寝室との境目にIKEAわんわんベッドを置いたところ、

P1010192_reseize.jpg
最初こそ、いや~そうな感じで、↑このようにベッドの外に頭を出しながら横になっていたものの、

P1010197_reseize.jpg
「ぼくちん、本当はこんなベッドで寝たくないんです」という表情をしながらも、徐々にベッドの中心へ移動。


そして一夜明けて、今朝のオリーヴ。

P1010201_reseize.jpg
・・・爆睡・・・Zzzz・・・ZZzzzzzzz。

P1010203_reseize.jpg
カメラの気配に気づき、写真嫌いなオリーヴ、「よっこらしょっ!」と向きを変えたものの、時すでに遅しです。カメラは、オリーヴのへそ天、爆睡の決定的瞬間を捉えましたよ。

・・・ということで、彼のこだわりは、豆腐のように柔らかく、見事に崩れ去ったのでした。






OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(9) |


2008/09/04 (Thu) ブランシュの靴職人さん

9月に入り肌寒い日が続くパリです。
最低気温13度、最高気温20度前後と、どんよ~り曇り空の冬の到来が近づいているのを感じさせる秋の気温・・・。比較的抜け毛が少ないと言われているボーダーテリアのオリーヴも抜け毛を撒き散らせながら、狭いアパルトマン内を走り回り・・・彼の抜け毛と共にひとつの季節の終わりを感じる今日この頃です(抜け毛と共に・・・というところが風情無いけど

さて、昨日は例の犬友わんわん広場(?)のRICHARD LENOIRへ出かける前に、ちょっと寄り道をしてきました。

P1010188_reseize.jpg
メトロの入り口。欄干の上に顔を出す四角い看板(写真中央)には駅名が書かれているのですが・・・読めませんよね・・・?駅名はずばり2号線のBLANCHE(ブランシュ)です。

なぜBLANCHE(ブランシュ)へ出かけたのかと言うと・・・

P1010187_reseize.jpg
別にかの有名なMOULIN ROUGE(ムーラン・ルージュ)のフレンチカンカンを見るためでもなく、世界的にヒットした映画『アメリー・プーランの信じがたい運命』のカフェへ行くためでもなく・・・

実は犬友アンブルのオーナー、エリックの知り合いの靴職人さんに会いに行くため。

P1010183_reseize.jpg
そう、だから行った先は小さな通りにある小さな靴屋さん↑

アルメニア出身の画家だった初代は絵だけでは食べていけないということでこの靴屋さんを始めたのだとか・・・。こちらの靴屋さんでは主に映画やショー用の靴を作っており、フランスのムーラン・ルージュやリドーはもちろんのことアメリカはラスベガス、そして『サルティンバンコ』や『アレグリア』と言った演目で有名なカナダのCIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドュ・ソレイユ)等のためにショー用の靴を作成しているんだそうです。
てっきりインターナショナルな大企業とかが大量生産しているのだろうと思い込んでいた私は、ショーの影に職人さんの姿があったことに正直驚きでした。

P1010184_reseize.jpg
お店の斜め前にはアトリエがあり、それぞれ専門(パターンにそって革を切る、縫う、形を作る、かかとをつける等々)の職人さん4~5人が働いています。そう!すべて手作業なんです!
アトリエ内の両壁には木で作られたありとあらゆる靴のパターンがサイズごとにびっしりと並べられていましたが・・・残念ながら、ショー用の極秘パターンとかもあるので写真撮影は禁止。

フランスの週35時間制労働法は職人さんの世界には存在しません(・・・って、日本にも存在しませんが)。平均10時間、黙々とそれぞれの作業に打ち込む職人さんたち。靴の種類にもよりますが、5人がかりで働いて、ショー用の同じパターンの靴だと1日に6~7足、オーダーメイドでその人の足に合わせたタイプの靴だと1足作るのに約1週間近くかかるのだそうです(ひぃぃぃ~)。

様々な大企業の進出によって昔ながらの職人業が廃れつつある昨今ですが、職種に対して本当に情熱と誇りを持っている彼らにこれからも是非頑張ってもらいたいものです。


追記:関心のある方のためにアドレスを載せておきま~す。

MAISON ClairvoY
住所: 17, rue Pierre Fontaine 75009 PARIS
TEL: 01 48 74 44 03












日々のいろいろ | trackback(0) | comment(7) |


2008/09/03 (Wed) IKEAのワンワンベッド

ラジオで1日の月曜日に5ユーロの記念硬貨が発売されたのを聞き、まだ残っていたら是非欲しいな~と思っているMouvetteです。200万個を1000箇所の郵便局で売るとのことだったので・・・今更、ゲットするのは難しいかしら、やっぱり・・・?9月15日には15ユーロの記念硬貨が発売されると言うし、そっちを狙うべきでしょうか・・・。

さて、この前の日曜日、相方の両親宅で昼食をご馳走になった後、すご~く久々にIKEAへ行ってきました。屋根裏うさぎ小屋で場所はないし、これっ!と言って必要なものもなかったのですが、そこはIKEAマジック。行ったら行ったで、なんだかんだと細々したものを買ってしまうんですよね。
で、購入したのが、

P1010170_reseize.jpg
↑こちらのオリーヴ用ベッド。
以前使用していたものは小さくなってしまい、寝相の悪いオリーヴはいつも転げ落ちていたので(犬ってこんなに寝相の悪いものなのでしょうか???)、新しく大きめのベッドを買ってみました。

・・・しかし、疑り深い慎重派の我が家のオリーヴ、どうも足触りが気に入らないなしく・・・ベッドへの関心はゼロ。馴染ませる意味で、餌をベッドの中で食べさせてみたり、お気に入りのおもちゃを入れてみたりと努力をしてみているのですが・・・あまり効果はナシ。

P1010177_reseize.jpg
ふんぬぐぅぅぅ~と後ろ足をつっぱらせながら餌を食べるオリーヴの図。無理しないで、さっさとベッドに上がればいいものを・・・。

P1010169_reseize.jpg
やっと4本足全部がベッドに上がった~の図。でも、よく見ると体が強張っているんですね・・・(汗)

馴染みのない素材におっかなビックリのオリーヴ。でも、メトロの空気穴に網を張ってある場所とかは興味津々で歩いたりするんですよね・・・それなのに布製のベッドが怖いなんて・・・おかしいですよね???

P1010166_reseize.jpg
オリーヴ:「ぼくちん、怖いんじゃないんです。足触りが気に入らないだけなんです!」




OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/01 (Mon) FISH LA BOISSONERIE (フィッシュ・ラ・ボワッソヌリー)

今日から敬虔なイスラム教徒の方々は断食(RAMADAN:ラマダン)に入り、日の出から日没までお食事はもちろんのことお水を飲むことも禁じている中、不謹慎(?)なのですが・・・レストランの話題です。
フランスの現在の日の出は7時頃、日没は20時半。冬場ならまだしも、まだまだ日の長いこの時期、断食はさぞキツイだろうななどと思いながらも、ちょっとネタ切れ(特に写真切れ)のMouvette、1週間半ほど前に、イギリスのロビンさんとご一緒したレストランを紹介しちゃいます。

今回、ロビンさんと出かけたレストランは、6区はMABILLON(マビヨン)付近にあるFISH LA BOISSONERIE (フィッシュ・ラ・ボワッソヌリー)。BOISSONERIE とはBOISSON(飲み物)とPOISSONNERIE(魚屋さん)をかけて作った造語。恐らく、メインにしているお魚料理とワイン(飲み物)の充実ぶりをアピールしているのかな?と思われます。で、その名の通り、魚料理がとても美味しいんです。そして、外装・内装共にお魚いっぱいで可愛らしい~(・・・でも、例のごとく、写真を撮り忘れてしまったので、詳しくはロビンさんのサイトの方で。彼女が近々アップすると思いますので、そちらを参照してください。完全なる他力本願・・・)。

さて、我々が試したお料理は前菜・メイン・デザートの3品(そして、もちろん白ワイン!)。わざと別のものを選び、半分こして食べました。

P1010066_reseize.jpg
こちらは前菜。照明の関係で影が差してしまい、見難いのですが・・・マンゴーにスパイスを加えたソース(?)の上にマグロがのっています。南国のフルーツの甘みとピリッとするスパイスが、不思議にマグロとマッチしていて美味しかった~♪

P1010068_reseize.jpg
メインの鯛と青梗菜。上にかかるソースは南仏料理のRATATOUILLE(ラタトゥイユ:要は野菜の煮込み料理)。お品書きではピペラッド(ラタトゥイユに卵を落としたようなもの)になっていたと思うんだけどな・・・まぁ、正直、このお料理に卵が加わったら、本来の味が損なわれそうだから、ラタトゥイユで十分かな。もうひとつのメインはマグロのブルーステーキ(レアよりも生)とイカ墨のピュレでした。

P1010071_reseize.jpg
デザートはパンナコッタとコーヒーフレーバーのアイスクリーム(・・・って、アイスクリームは隠れて見えませんが)。ロビンさんはクレーム・ブリュレをチョイスしていました。

・・・と我々が、美味しいお料理とお酒を飲み食いし、大いに盛り上がっていた間、オリーヴは鞄の中に幽閉状態・・・。有難いことに、彼は静かにねむねむ、おねんねしてくれていたのでした。


FISH LA BOISSONERIE (フィッシュ・ラ・ボワッソヌリー)
住所: 69 rue de Seine 75006 PARIS
TEL: 01 43 54 34 69



レストラン&カフェ | trackback(0) | comment(8) |


| TOP |

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

mouvette

Author:mouvette
東京→ケベック→パリでの生活を経て、2009年末にパリ近郊都市へお引越し。相方のツルさんと2007年12月に我が家の一員になったボーダーテリア(2007/10/15日生の♂去勢済み)のオリーヴと一緒に暮らしています。2011年4月13日に第1子誕生。

ブログランキング

ブログランキングに参加中です: 1日1回ぽちっと押して頂けると嬉しいです

FC2ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

12  12  11  10  09  08  07  05  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

お気に入りのブログ

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。