--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/07 (Tue) ヴァンセンヌの衣替え

突然ですが・・・

Chiens_20081006_Carito01_resize.jpg
会社の上司のパグ、カリトです。あまりに無垢でつぶらな瞳に見つめられ、思わず撮ってしまった1枚
フランス語で「LES YEUX DE CHIEN BATTU(直訳すると:殴られた犬の目。涙目の悲しい眼差しと言ったらいいのかしら)」と言う表現がありますが、まさにそれっ!という感じです。
あっ、念のために言っておきますが、カリト、殴られていませんからね~。

さて、相変わらず会社後の夕方の散歩に力を入れているMouvette家です。
現在、ヴァンセンヌの森は木々が紅葉し&草が枯れて「秋」している場所と、紅葉無し&芝が青々として「夏(・・・なのか?)」している場所とあり、なんだか不思議な感じです。衣替えの途中段階なのかな。

Vincennes_2008100603_resize.jpg
ヴァンセンヌ、秋している場所

Olive_20081006_Vincennes01_resize.jpg
オリーヴ、ヴァンセンヌの秋を満喫中の図
・・・で、すんすんした後、何者かの落し物にめがけて体をすりすりしておりました(あ゛~っ

↓こちらは犬のたまり場(写真一部に18禁あり)で、大・中・小の犬たちが遊んでいるのですが・・・

Olive_20080928_BoisdeVincennes_14_resize.jpg
ここは青い草、枯れた草と入り混じっています。でも、どちらかと言えばまだ「夏」?それとも、夏の名残を感じさせながら秋へと移行しているという感じでしょうか???
オリーヴはまたもやすんすん中。やはり、テリアだからでしょうか、いつでも土に向かっているような気がします(笑)。

そして、更に森の奥の方へ進んでいくと・・・

Vincennes_2008100606_resize.jpg
川沿いにお散歩道があり、皆さん、ジョギングをしたり、お散歩をしたりしています。
緑の中で美味しい空気を吸いながらのお散歩、なんだか贅沢な気分になれます。自分が街にいることを忘れて、田舎へヴァカンスに来ている気分です。

Olive_20080928_BoisdeVincennes_04_resize.jpg
で、やはり川沿いだからでしょうか。ここは緑青々で、まだ「春か夏」という感じ。

同じヴァンセンヌ(しかも同じ時期)なのに、どうしてこんなに違うのか・・・パリの自然はパリジャン・パリジェンヌのごとく個性的で協調性がないのかしら?!!
・・・と疑問に思いながらも、2つの季節を楽しめるからいいか~と、オリーヴとの散歩を楽しんだ午後なのでした。







OLIVE/オリーヴ | trackback(0) | comment(5) |


<<白夜:眠れぬ夜 | TOP | 日仏友好150周年記念行事>>

comment











管理人のみ閲覧OK


個性的な季節の感じ方 

ほんと、同じ日の写真とは思えないくらい全然色合いが違いますね。

これと同じような季節についてのパリジャンの個性の主張を私が感じるのが、服装です。
今も、ダウンのロングコートの人がいたかと思うと、隣にTシャツの人がいたり。。。
温度の感じ方ってそんなに人によるのかなぁ。。。?と思いません。。。?

2008/10/08 04:25 | パリのわんこ [ 編集 ]


パリのわんこさん、コメントを有難うございました♪ 

そう、そうなんですよ。私も、パリジャンの服装には彼らの季節に関する感じ方の違いを感じます!肉食の彼らは、我々アジア系に比べ、体温は絶対的に高いのでしょうけれど・・・でも、Tシャツの皆さん、そこまでは暑くないと思うんですがと言いたい!

2008/10/08 05:32 | Mouvette [ 編集 ]


 

うは~、カリト君アグリープリティ~v-10
鼻ぺちゃさんだけど、バグファンにはこれが堪らんらしい。私もパグちゃん好き~v-343 特にヨーロッパ人ってパグ好き多いよね。

こちらの公園も紅葉が始まってるかと思いきや5月の新緑のような芝生があったりと不思議なグラデーションが広がってるよ~(笑)。でも真冬になるとフランスはシャンソンの世界。イギリスはホラー映画の世界になってしまうので(笑)、木々に葉がついてるうちに堪能しとかんとね。

あとイギリス人も季節感まったくなしの洋服センスで渡英したばかりのときはとまどったけど、今じゃすっかり慣れたもんです。パリのわんこさんとの会話通りの光景がイギリスでも見れるよ~。ちょっと太陽が出たり、少しでも暖かいと(それでも私にとっては寒い)すぐ張り切って半袖姿。隣にはムートン着てる人もいるっていうのに(笑)。1、2月の極寒のときでもウィークエンドになると滅茶苦茶薄着のおねえさんたち(キャミソールのドレス&素足にサンダル)を必ず見ますが、フランスにもいる?

アドレスありがとう!小指サイズにカットした明太子送るね~(笑)。

2008/10/08 06:47 | ロビン&テリアガールズ [ 編集 ]


 

紅葉したところや緑青々したヴァンセンヌの森の散歩いいですね~
私の住んでいるところは銀杏の並木が多く、これから銀杏の実で大変になります。
落ちたらにおいがすごいんですよ。パリにも銀杏ありますか?
パリジャンのファッションはまねできないけど個性があって楽しい!!
感心するのは小物使い方が上手だと思います。
これからだとスカーフやマフラーに帽子、ファー使いの小物などなど・・・。
手作り大好きangie良かったら寒い冬に向けて手編みのルームソックスや帽子を差し上げますよ~。オリーブ君にも帽子かぶせてみたいけど無理だね・・・。
パリジャンのファッションの写真もいつかアップしてくださいね

2008/10/08 14:14 | angie [ 編集 ]


コメントを有難うございました♪ 

 ロビンちゃん、

なんだ、イギリスも同じなんだね。でも、不思議だよね。
私ね、前に夏にロンドンへ行ったときに思ったんだけど、イギリス女性の方が肌の露出度が高いよ~な気がするよ。で、その時は、イギリス男性は紳士だから、女性が肌をさらしていてもジロジロと見ないんだわと結論付けたんだけど、実際のところはどうなんだろうね?

 angieさん、

フランスも銀杏の木ありますよ。ただ、日本のように実は食べないみたいですけど・・・。確かに、あれ、踏んづけるとすごい匂いを発しますよね。スカンク植物版(?)みたいな???
angieさん、編み物されるんですか?実は私も編み物大好きなんですよ~
・・・と言っても馬鹿の一つ覚えで、靴下を編むのみですが・・・。
私の靴下でよろしければ、トレードします(笑)???

2008/10/09 06:41 | Mouvette [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://chienpetillant.blog32.fc2.com/tb.php/144-832e64db

| TOP |

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mouvette

Author:mouvette
東京→ケベック→パリでの生活を経て、2009年末にパリ近郊都市へお引越し。相方のツルさんと2007年12月に我が家の一員になったボーダーテリア(2007/10/15日生の♂去勢済み)のオリーヴと一緒に暮らしています。2011年4月13日に第1子誕生。

ブログランキング

ブログランキングに参加中です: 1日1回ぽちっと押して頂けると嬉しいです

FC2ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

12  12  11  10  09  08  07  05  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

お気に入りのブログ

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。