--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/22 (Tue) モンマルトル墓地へ・・・

9月第3土・日曜日はヨーロッパ文化遺産の日。「普段訪れることのできない建物を見学できるっ!」とこの文化遺産の日を楽しみにしているMouvette家なのですが(←昨年の文化遺産の日に関心のある方はこちらからどうぞ~♪)、今年はちょっと外してしまいました・・・。

Paris_20090920_Montmartre01_resize.jpg
フレンチカンカンで有名なMOULIN ROUGE (ムーラン・ルージュ)の劇場内部をガイディング付きで見学できるというので、朝1番、9時のオープンに合わせて出かけよう!と意気込んでいたのですが・・・、見事に寝坊(ええ、寝坊は私の特技なんです・・・)。
現地に着いた時は・・・時すでに遅し・・・、定員オーバーで入場することは叶いませんでした(涙)。


お天気はいいし、折角モンマルトル界隈まで来たし、このまま帰るのも癪だなと思い・・・、近くにあるモンマルトル墓地まで足を伸ばしてみました。

Paris_20090920_Montmartre02_resize.jpg
墓地入り口に立てられた看板

犬はリード付きでも入ることができないのですが、その訳は・・・

          Paris_20090920_Montmartre03_resize.jpg
          管理人さんがネコさんだからっ!

というのは嘘ですが、とりあえず我が家の坊はお留守番です。

Paris_20090920_Montmartre11_resize.jpg
とある墓石の上に置かれた銅像:生前の娘の美しさが永遠に保たれるように・・・というような願いが墓石に刻まれていました。

Paris_20090920_Montmartre06_resize.jpg
こちらは歌手のダリダ(フランスでと~ってもポピュラーな歌手です)のお墓。あれっ、でも彼女はエジプト生まれで、イスラム教徒だったよ~な???有名になってしまうと、宗派は関係ないのかしら?とツルさんに聞いたところ、彼もよく分からないけれど・・・、モンマルトル墓地は「キリスト教徒」の墓地として定められていない・・・はずっ・・・かな~?と言っておりました(←かなり自信のないお答え・・・(苦笑))。

Paris_20090920_Montmartre09_resize.jpg
↑はアレクサンドル・デュマ(息子)のお墓。個人的には、アレクサンドル・デュマ(父)の作品の方が(『モンテ・クリスト伯』なんてかなりはまりました~♪)好きだけど・・・。

Paris_20090920_Montmartre16_resize.jpg
日本ではどうも不謹慎な感じがしてしまって・・・お墓巡りをしようとはなかなか考えられないのですが・・・、不思議とそういう後ろめたい感情を抱かずに、お散歩感覚で、偉人を含むいろいろな方々の生の軌跡をたどるような感じでお墓を参ることができました(う~ん、不思議。何が違うんでしょうね~???)。

Paris_20090920_Montmartre15_resize.jpg
こちらは世紀の大バレーダンサー、ニジンスキーのお墓。

1時間ほどの短い時間でしたが(←オリーヴを家で待たせているのが気になってしまって・・・)、普段行こうとも思わない場所を見出す機会を得たのはいいことだったかなぁと思いました。


 おまけ 

Paris_20090920_Montmartre18_resize.jpg
墓石に刻まれた文字:普通、フランスの墓地は買うのではなく借りるらしいのですが・・・。でも、いくつかのお墓は永久譲渡と言う形でその場所をず~っとキープできるようになっているようです。



日々のいろいろ | trackback(0) | comment(6) |


<<ベルシーで気分転換 | TOP | フランス南西部特産市♪>>

comment











管理人のみ閲覧OK


モンマルトルの墓地 

歴代アーティスト達のミニ集合住宅...
それぞれの魂が真に住んでいるって感じですものね。

日本では最近のお墓事情は厳しく、“ロッカーお墓”なんていうのもあるご時世です(T_T)
さすがにモンマルトルはそれぞれの故人への思いの表現にロマンがありますよね。
いつか是非ここへ行ってみなさん(?)とお話しして(テレパシーで)みたいな。

2009/09/22 12:03 | wooly [ 編集 ]


 

不謹慎かもしれませんが、とっても素敵ですね。
日本でも、横浜や函館の外国人墓地を散策したことがありますが、素敵だな~って思いながら回った記憶があります。

ん~、我家のお墓はどうしようかとここ最近悩み始めてます(汗)。

2009/09/22 21:09 | Two Beans [ 編集 ]


 

こんにちは^m^

モンマルトル…すごく憧れます
偉大な画家さんたちがたくさん居た場所、、、
ほんとに素敵ですよね
もしいつかフランスを訪れる機会があったら、
ぜひ行ってみたいです…!
特に夜の風情を肌で感じてみたいです^m^


フランスの墓地、芸術的でそれぞれに
個性が感じられて、ちょっと屋外美術館のような
雰囲気…(不謹慎かもしれませんが。。。)

そういえば、日本の墓地って切花は多く見かけますが、
鉢植えのお花はあまり見ない気がします
そういう文化の違いも感じられて、
とても興味深かったです…!

ポチ

2009/09/22 22:35 | やまねこ [ 編集 ]


Re: woolyさん、コメントを有難うございました♪ 

> 歴代アーティスト達のミニ集合住宅...
> それぞれの魂が真に住んでいるって感じですものね。

本当ですね。確かに集合住宅って感じですね。夜になるとお互いをお招きしてパーティーとかしていそう・・・(笑)

> 日本では最近のお墓事情は厳しく、“ロッカーお墓”なんていうのもあるご時世です(T_T)

フランスもパリ市内のお墓事情はかなり厳しいような・・・?まぁ、場所がないからでしょうね・・・。




2009/09/23 05:47 | mouvette [ 編集 ]


Re: Two Beansさん、コメントを有難うございました♪ 

> 不謹慎かもしれませんが、とっても素敵ですね。

ええ、私もそう思います。なんか、肝試しとかがそぐわない雰囲気ですよね。


> ん~、我家のお墓はどうしようかとここ最近悩み始めてます(汗)。

・・・あまり考えたくないことですが・・・、確かに大事な問題ですよね・・・。

2009/09/23 05:53 | mouvette [ 編集 ]


Re: やまねこさん、コメントを有難うございました♪ 

いつもポチッを有難うございます♪

> モンマルトル…すごく憧れます
> 偉大な画家さんたちがたくさん居た場所、、、

そうですね。映画『アメリー』の舞台にもなったし、昔の田舎っぽい雰囲気も未だに残っていて、素敵なところだと思います。一部、ちょっと治安が悪い・・かな?と思われるところあり、観光地化された部分もあり、よき古き下町的な雰囲気もありで、魅力的♪こちらにいらっしゃることがあれば、夜のモンマルトル散策でもご一緒できれば嬉しいです♪


> フランスの墓地、芸術的でそれぞれに
> 個性が感じられて、ちょっと屋外美術館のような
> 雰囲気…(不謹慎かもしれませんが。。。)

ええ、確かにそんな感じですね。

2009/09/24 08:22 | mouvette [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://chienpetillant.blog32.fc2.com/tb.php/295-47c3c8f4

| TOP |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mouvette

Author:mouvette
東京→ケベック→パリでの生活を経て、2009年末にパリ近郊都市へお引越し。相方のツルさんと2007年12月に我が家の一員になったボーダーテリア(2007/10/15日生の♂去勢済み)のオリーヴと一緒に暮らしています。2011年4月13日に第1子誕生。

ブログランキング

ブログランキングに参加中です: 1日1回ぽちっと押して頂けると嬉しいです

FC2ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

12  12  11  10  09  08  07  05  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

お気に入りのブログ

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。